お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-25 13:00
[招待講演]Si single-electron FETs for single-photon detection
Michiharu TabeRatno NuryadiZainal BurhanudinShizuoka Univ.)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 我々は、Siデバイスのブレークスルーにとって、3つの要素が重要と考えて研究を進めている。すなわち、単電子の転送制御、単一フォトンおよび単一ドーパントの検出・利用であり、これらは相互に深く関連している。本報告では、単一フォトン検出を中心に、Si多重接合FETを用いた我々の最近の研究結果について述べる。フォトン検出の研究はまだ基礎的段階であるが、従来のアバランシェ・フォトダイオードなどと比べて低電圧動作が可能で、ポストスケーリング技術としての可能性を持っている。 
(英) We have studied three research aspects as key technologies for breakthrough in Si devices, i.e., time-controlled transfer of individual electrons, detection of single-photons and single-dopants. In this paper, we will present our recent research results primarily on single-photon detection by multi-junction single-electron- or single-hole-tunneling devices. Although single-photon detection by single-electron devices is in the initial stage of basic research, it may open up a new field in post-scaling technologies, since the required voltage is much smaller than conventional avalanche photodiodes.
キーワード (和) Si / 単電子デバイス / 単電子転送 / フォトン検出 / 単一ドーパント / / /  
(英) Si / single-electron device / single-electron transfer / single-photon detection / single-dopant / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ED SDM  
開催期間 2007-06-25 - 2007-06-27 
開催地(和) Commodore Hotel Gyeongju Chosun, 慶州, 韓国 
開催地(英) Commodore Hotel Gyeongju Chosun, Gyeongju, Korea 
テーマ(和) 第15回先端半導体デバイスの基礎と応用に関するアジア・太平洋ワークショップ 
テーマ(英) 2007 Asia-Pacific Workshopn on Fundamentals and Applications of Advanced Semiconductor Devices (AWAD2007) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2007-06-ED-SDM 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Si single-electron FETs for single-photon detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Si / Si  
キーワード(2)(和/英) 単電子デバイス / single-electron device  
キーワード(3)(和/英) 単電子転送 / single-electron transfer  
キーワード(4)(和/英) フォトン検出 / single-photon detection  
キーワード(5)(和/英) 単一ドーパント / single-dopant  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Michiharu Tabe / Michiharu Tabe / Michiharu Tabe
第1著者 所属(和/英) Shizuoka Univ. (略称: 静岡大)
Shizuoka Univ. (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Ratno Nuryadi / Ratno Nuryadi / Ratno Nuryadi
第2著者 所属(和/英) Shizuoka Univ. (略称: 静岡大)
Shizuoka Univ. (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Zainal Burhanudin / Zainal Burhanudin / Zainal Burhanudin
第3著者 所属(和/英) Shizuoka Univ. (略称: 静岡大)
Shizuoka Univ. (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-25 13:00:00 
発表時間  
申込先研究会 ED 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会