お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-23 15:15
学習状態に応じた学習支援を実現するSCORM準拠の適応的LMSの評価
森本康彦喜久川 功富士常葉大)・植野真臣電通大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2007-13
抄録 (和) 本研究では,学習そのものを効率よく有効的にマネジメントを行い,学習をエンハンスするための仕組みを有するSCORM準拠のLMSを開発することを目的とする.この目的を達成するためのアプローチとして,まず,学習者の学習状態に応じたファシリテーションと学習状態遷移を形式的に記述する枠組みをSCORMに追加することで拡張しSCORM-LSTを開発した.そして次に,SCORM-LSTに基づいて動作する,SCORM準拠のLMS(SALMS: SCORM-compliant Adaptive LMS)を開発した.本論文では,SALMSの評価について述べる.評価の結果,SALMSを用いた場合において,学習が効率よく有効的にマネジメントされることで,協調学習,コンテンツ提示,自己評価や相互評価などの評価活動を組み合わせ,学習者にタイミングよく提示すると共に,学習支援(ファシリテーション)を提供することで,学習者の自律的な学習を生起できることが明らかになった. 
(英) The purpose of this study is to develop a SCORM-compliant LMS that enhances learning by effectively and efficiently managing the learning itself. The study first developed a SCORM-LST by adding to SCORM a framework that describes facilitation corresponding to the learner’s state of learning and that describes learning state transitions. The study then developed a SCORM-compliant LMS (SALMS: SCORM-compliant adaptive LMS) based on the SCORM-LST. This paper describes an evaluation of SALMS. The evaluation showed that SALMS enhances learning by effectively and efficiently managing the learning itself.
キーワード (和) e-Learning / LMS / 学習支援 / 協調学習 / SCORM / 相互評価 / 自己評価 /  
(英) e-Learning / LMS / Learning support / SCORM / Collaborative Learning / Peer assessment / Self-assessment /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 109, ET2007-13, pp. 31-36, 2007年6月.
資料番号 ET2007-13 
発行日 2007-06-16 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-13

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2007-06-23 - 2007-06-23 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 協調学習・CSCL/一般 
テーマ(英) 【キーワード:CMCの教育利用、電子掲示板・SNSの教育利用、アウェアネス支援、活動の可視化技術、分散協調作業の支援、正統的周辺参加、発達の最近接領域、分散認知】 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2007-06-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 学習状態に応じた学習支援を実現するSCORM準拠の適応的LMSの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of a SCORM-compliant Adaptive LMS that Provides Learners with Learning Support According to Learning States 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) e-Learning / e-Learning  
キーワード(2)(和/英) LMS / LMS  
キーワード(3)(和/英) 学習支援 / Learning support  
キーワード(4)(和/英) 協調学習 / SCORM  
キーワード(5)(和/英) SCORM / Collaborative Learning  
キーワード(6)(和/英) 相互評価 / Peer assessment  
キーワード(7)(和/英) 自己評価 / Self-assessment  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 康彦 / Yasuhiko Morimoto / モリモト ヤスヒコ
第1著者 所属(和/英) 富士常葉大学 (略称: 富士常葉大)
Fuji Tokoha University (略称: Fuji Tokoha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜久川 功 / Isao Kikukawa / キクカワ 功
第2著者 所属(和/英) 富士常葉大学 (略称: 富士常葉大)
Fuji Tokoha University (略称: Fuji Tokoha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 植野 真臣 / Maomi Ueno / ウエノ マオミ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学大学院 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 節雄 / Setsuo Yokoyama / ヨコヤマ セツオ
第4著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮寺 庸造 / Youzou Miyadera / ミヤデラ ヨウゾウ
第5著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-23 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2007-13 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.109 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2007-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会