電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-22 15:10
前向き後向き線形予測複素音声分析に基づく音声のロバストF0推定
舟木慶一琉球大)・金城竜彦トヨタコミュニケーションシステム
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) LPC残差を用いた自己相関関数やAMDFによりF0推定を実現すると、F0の推定精度が向上することが知られているが、基本周波数と第1フォルマントが隣接している場合、両者を分離できず推定精度は劣化する。解析信号は正領域のスペクトルしか有しないため、解析信号を入力とする複素音声分析では低周波数領域でのスペクトル推定精度が向上する。複素音声分析により推定される複素残差信号に対する、自己相関関数やAMDFを用いて、F0推定を実現すれば、推定精度の向上が期待される。島村らが提案した自己相関関数とAMDFの比による評価尺度を採用し、複素残差信号を用いたF0推定方式の提案を行い、音声信号、解析信号、LPC残差信号を用いた従来方式と比較した結果を既に報告した。今回、電話の特性を模擬したIRSフィルタを通した音声信号に対し、前向き後向き線形予測基準MMSE分析ならびにELS分析を適用した実験を行ったので、報告する。 
(英) This paper proposes novel robust fundamental frequency (F0) estimation algorithm based on complex-valued speech analysis for an analytic speech signal. Since analytic signal provides spectrum only over positive frequencies, spectrum can be accurately estimated in low frequencies. Consequently, it is considered that F0 estimation using the residual signal extracted by complex-valued speech analysis can perform better in F0 estimation than that for the residual signal extracted by conventional real-valued LPC analysis. We have already proposed an F0 estimation algorithm based on complex speech analysis, in which the autocorrelation function (AUTOC) weighted by a reciprocal of the AMDF proposed by Prof. Shimamura, has been also adopted for F0 estimation criterion and the proposed F0 estimation algorithm has been evaluated by using three criteria, AUTOC, AMDF, and the weighted AUTOC, with complex-valued residual. We have also compared the proposed method with that for three signals; speech signal, analytic speech signal, and LPC residual. In this report, the IRS filtered speech data are used to evaluate the proposed F0 estimation by means of forward and backward Linear Prediction based MMSE and ELS robust TV-CAR speech analysis.
キーワード (和) F0推定 / 自己相関関数 / AMDF / 解析信号 / 複素音声分析 / IRS特性 / ELS法 / 前向き後向き線形予測  
(英) F0 estimation / autocorrelation function / AMDF / analytic signal / complex speech analysis / IRS filtered speech / ELS algorithm / Forward and Backward Linear Prediction  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 105, SIP2007-62, pp. 79-84, 2007年6月.
資料番号 SIP2007-62 
発行日 2007-06-15 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP VLD  
開催期間 2007-06-21 - 2007-06-22 
開催地(和) 北海道東海大学 札幌キャンパス マルチメディアホール 
開催地(英) Hokkaido Tokai Univ. (Sapporo) 
テーマ(和) 信号処理、LSI、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2007-06-CAS-SIP-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 前向き後向き線形予測複素音声分析に基づく音声のロバストF0推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robust F0 estimation using forward and backward LP based complex speech analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) F0推定 / F0 estimation  
キーワード(2)(和/英) 自己相関関数 / autocorrelation function  
キーワード(3)(和/英) AMDF / AMDF  
キーワード(4)(和/英) 解析信号 / analytic signal  
キーワード(5)(和/英) 複素音声分析 / complex speech analysis  
キーワード(6)(和/英) IRS特性 / IRS filtered speech  
キーワード(7)(和/英) ELS法 / ELS algorithm  
キーワード(8)(和/英) 前向き後向き線形予測 / Forward and Backward Linear Prediction  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟木 慶一 / Keiichi Funaki / フナキ ケイイチ
第1著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. of the Ryukyus)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金城 竜彦 / Tatsuhiko Kinjo / キンジョウ タツヒコ
第2著者 所属(和/英) トヨタコミュニケーションシステム (略称: トヨタコミュニケーションシステム)
Toyota Communication Systems Co.LTD (略称: Toyota Communication Systems)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-22 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2007-32,IEICE-VLD2007-48,IEICE-SIP2007-62 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.101(CAS), no.103(VLD), no.105(SIP) 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2007-06-15,IEICE-VLD-2007-06-15,IEICE-SIP-2007-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会