電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-21 09:45
仙台市街地における2GHz帯の電波伝搬特性
小熊 博東北大/宮城県産技総合センター)・福田啓一山形文啓福與 賢東北大)・浅野安良山崎吉晴ソフトバンクテレコム)・亀田 卓中瀬博之高木 直坪内和夫東北大AP2007-32
抄録 (和) 我々は、次世代広域モバイルブロ-ドバンド無線通信システムのアクセス方式として非常に注目されているOFDMA(Orthogonal-Frequency-Division-Multiple-Access)方式を実装した方式の一つであるFLASH-OFDMを活用し、仙台市内をフィ-ルドとした実証実験を展開している。本研究では、2GHz帯の電波伝搬特性を中心に評価した。その結果、LOS(Line-Of-Sight)環境であるかNLOS(Non-Line-Of-Sight)環境であるかが伝搬特性に非常に大きな因子であるとともに、測定点の海抜高が非常に重要であることがわかった。さらに、アンテナ地上高が低い基地局においての実測結果では、LOSとNLOSにおける受信電力強度に約20dBの差がみられ、約1dB/10mの損失量であることがわかった。 
(英) We use the FLASH-OFDM system based on Orthogonal-Frequency-Division-Multiple-Access (OFDMA). We have executed the field trial in downtown area of Sendai city which have been placed 3 cells. In the trial, we evaluated the throughput characteristic the propagation characteristic for 2GHz. It is a very important factor in the spread characteristic whether it is Line-Of-Sight (LOS) or Non-Line-Of-Sight (NLOS). It has understood as the above the sea amount of the measurement point is very important. Moreover, for received signal strength in LOS and NLOS, the difference of about 20dB was seen. It was an amount of the loss of about 1dB/10m.
キーワード (和) OFDMA / 2GHz / propagation / LOS/NLOS / / / /  
(英) OFDMA / 2GHz / propagation / LOS/NLOS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 97, AP2007-32, pp. 7-12, 2007年6月.
資料番号 AP2007-32 
発行日 2007-06-14 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2007-32

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2007-06-21 - 2007-06-21 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2007-06-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仙台市街地における2GHz帯の電波伝搬特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Propagation Characteristics for 2GHz Band in Sendai Area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDMA / OFDMA  
キーワード(2)(和/英) 2GHz / 2GHz  
キーワード(3)(和/英) propagation / propagation  
キーワード(4)(和/英) LOS/NLOS / LOS/NLOS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所/宮城県産業技術総合センター (略称: 東北大/宮城県産技総合センター)
Indutirial Technology Miyagi Prefectural Government (略称: Tohoku Univ./ITIm)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 啓一 / Keichi Fukuda / フクダ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Tohoku university (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山形 文啓 / Fumihiro Yamagata / ヤマガタ フミヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Tohoku university (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福與 賢 / Satoru Fukuyo / フクヨ サトル
第4著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Tohoku university (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 安良 / Yasuyoshi Asano / アサノ ヤスヨシ
第5著者 所属(和/英) ソフトバンクテレコム研究所 (略称: ソフトバンクテレコム)
SoftBank Telecom (略称: SBTM)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 吉晴 / Yoshiharu Yamazaki / ヤマザキ ヨシハル
第6著者 所属(和/英) ソフトバンクテレコム研究所 (略称: ソフトバンクテレコム)
SoftBank Telecom (略称: SBTM)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第7著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Tohoku university (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 中瀬 博之 / Hiroyuki Nakase / ナカセ ヒロユキ
第8著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Tohoku university (略称: Tohoku Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第9著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Tohoku university (略称: Tohoku Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第10著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Tohoku university (略称: Tohoku Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-21 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2007-32 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.97 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2007-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会