電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-21 13:00
スロット板交換型周波数帯選択逆相給電一層構造導波管スロットアレーアンテナ
常光康弘吉田吾朗日本無線)・張 淼広川二郎安藤 真東工大AP2007-37
抄録 (和) 一層構造逆相給電導波管スロットアレーアンテナは、スロット板と導波管ベースをネジ止めする簡易な構造で準ミリ波、ミリ波帯において使用可能である。しかしながら、従来、比較的帯域が狭いという問題点があった。
広帯域のアンテナが求められるが、固定無線アクセス(Fixed Wireless Access)として用いる場合、一つのチャンネル毎にはそれほど広帯域性は求められない。そこで、狭帯域である導波管スロットアンテナをスロット板のみを取り替えることにより経済的に希望周波数帯域内で利得低下を最小限に抑える。
将来の量産時には導波管ベースはダイキャストにより、大量生産し低コスト化を図る。それに対してスロット板は、打ち抜き加工又はエッジング処理等によりスロット長及びスロット配置等を変更したスロット板を少数生産可能である。
そこで、導波管ベースは共通に用い、被せるスロット板のみを希望する周波数帯に応じ、各々設計する。それを選択して組み合わせることにより、従来よりも広い範囲で、希望周波数帯域内にて利得低下を最小限に抑えることが可能な構造となる。
通常、スロットアレーは給電導波管からの配置開始位置が同じになる。しかし本提案の場合は、周波数変化による管内波長変化による影響を考慮して、隣接するリニアアレーの相対位置は変化している。
有限要素法による解析及び実験は良好に一致し、利得の低下が導波管ベースの中央設計周波数よりf0±450MHzにて0.2dB程度の利得低下に抑えられることが確認できた。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 導波管 / スロットアレー / 周波数帯選択 / 利得 / アンテナ / 一層構造 / 広帯域 /  
(英) waveguide / slot array / multi-frequency operation / gain / antenna / single-layer / wide-band /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 97, AP2007-37, pp. 35-39, 2007年6月.
資料番号 AP2007-37 
発行日 2007-06-14 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2007-37

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2007-06-21 - 2007-06-21 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2007-06-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スロット板交換型周波数帯選択逆相給電一層構造導波管スロットアレーアンテナ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Alternating phase fed single-layer waveguide slot array with interchangeable slot plates for multi-frequency operation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 導波管 / waveguide  
キーワード(2)(和/英) スロットアレー / slot array  
キーワード(3)(和/英) 周波数帯選択 / multi-frequency operation  
キーワード(4)(和/英) 利得 / gain  
キーワード(5)(和/英) アンテナ / antenna  
キーワード(6)(和/英) 一層構造 / single-layer  
キーワード(7)(和/英) 広帯域 / wide-band  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 常光 康弘 / Yasuhiro Tsunemitsu / ツネミツ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan Radio Co., Ltd. (略称: JRC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 吾朗 / Goro Yoshida / ヨシダ ゴロウ
第2著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan Radio Co., Ltd. (略称: JRC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 淼 / Zhang Miao / チョウ ビョウ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 広川 二郎 / Jiro Hirokawa / ヒロカワ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 真 / Makoto Ando / アンドウ マコト
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-21 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2007-37 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.97 
ページ範囲 pp.35-39 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2007-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会