電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-15 10:25
印刷技術における逆ハーフトーン処理への統計力学的手法の応用
雑賀洋平和歌山高専)・井上純一北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 閾値マスク法を用いて生成されたハーフトーン画像に対する逆ハーフトーン処理の問題において,Qイジング模型の統計力学にもとづく確率的情報処理の技法を構築する.さらにマルコフ鎖モンテカルロシミュレーションによる性能評価の結果,提案手法は,ハーフトーン画像に導入された閾値配列特有の微細構造に起因するエッジ長がより短く,複雑な微細構造を持たないハーフトーン画像ほど,より高画質の濃淡画像を復元することを示す. 
(英) On the basis of statistical mechanics of the Q-Ising model, we formulate the problem of inverse-halftoning for the threshold mask method. Then the Markov-chain Monte Carlo simulation for a set of snapshots of the Q-Ising model and a standard image indicates that the performance of our method depends on the fine structure introduced into the pattern of the original image through the procedure of digital halftoning and that our method achieves better performance in the case that the edge length of the halftone image is shorter.
キーワード (和) 印刷技術 / ハーフトーン処理 / 逆ハーフトーン処理 / ベイズ推定 / 統計力学 / / /  
(英) print technology / digital halftoning / inverse-halftoning / Bayes inference / statistical mechanics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 92, NC2007-17, pp. 53-58, 2007年6月.
資料番号 NC2007-17 
発行日 2007-06-07 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2007-06-14 - 2007-06-15 
開催地(和) 沖縄科学技術研究基盤整備機構 
開催地(英) OIST Seaside House 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2007-06-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 印刷技術における逆ハーフトーン処理への統計力学的手法の応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Statistical-mechanical approaches to the problem of inverse-halftoning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 印刷技術 / print technology  
キーワード(2)(和/英) ハーフトーン処理 / digital halftoning  
キーワード(3)(和/英) 逆ハーフトーン処理 / inverse-halftoning  
キーワード(4)(和/英) ベイズ推定 / Bayes inference  
キーワード(5)(和/英) 統計力学 / statistical mechanics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 雑賀 洋平 / Yohei Saika / サイカ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 和歌山工業高等専門学校 (略称: 和歌山高専)
Wakayama National College of Technology (略称: Wakayama-NCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 純一 / Jun-ichi Inoue / イノウエ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-15 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2007-17 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2007-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会