電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-05-31 10:45
マルチコア環境向け並列SATソルバの開発
高見明秀岩沼宏治鍋島英知山梨大AI2007-2
抄録 (和) 本論文では,実用的な高速並列SAT ソルバの開発を目的として,最新のSAT ソルバ技術に基づくマル
チコア環境向けのSAT ソルバを提案する.具体的には,SAT ソルバの探索戦略のパラメータを調整することで,各
CPU が異なる領域を探索するようにバイアスをかけ,さらに学習節を共有することで探索領域の効率的な枝狩りを図
る.提案手法に基づくソルバを実装し,ベンチマーク問題集で評価実験を行った結果,2 つのCPU 利用時に約2 倍
の速度向上が得られることを確認した.また,4 つのCPU 利用時には,1 つのCPU では制限時間内に解くことので
きなかった問題を2 問解くことができた. 
(英) In this paper, we propose a new parallel SAT solver based on the fastest sequential SAT solver ”Mini-
Sat” for a multi-core processor environment. Our solver consists of multi-processes. Each process executes a SAT
solver which solves the same SAT problem using different search strategy parameters. Each process executes a SAT
solver which solves the same SAT problem using different search strategy parameters and shares learned clauses
each other for pruning redundant search space. The experimental result showed that our solver using 2-CPUs is
approximately two times faster than 1-CPU, and 4-CPUs can solve two SAT problems which can not be solved by
1-CPU within a certain time limit.
キーワード (和) SAT / 並列実行 / マルチコア環境 / 学習節共有 / / / /  
(英) SAT / parallel processing / multi-core / sharing learnt clauses / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 78, AI2007-2, pp. 7-12, 2007年5月.
資料番号 AI2007-2 
発行日 2007-05-24 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2007-2

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2007-05-31 - 2007-05-31 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 「自動化:推論,発見,学習,データマイニング」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2007-05-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチコア環境向け並列SATソルバの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Parallel SAT Solver for Multi-Core Processor Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SAT / SAT  
キーワード(2)(和/英) 並列実行 / parallel processing  
キーワード(3)(和/英) マルチコア環境 / multi-core  
キーワード(4)(和/英) 学習節共有 / sharing learnt clauses  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高見 明秀 / Akihide Takami / ナベシマ ヒデトモ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩沼 宏治 / Koji Iwanuma / イワヌマ コウジ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍋島 英知 / Hidetomo Nabeshima / ナベシマ ヒデトモ
第3著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. of Yamanashi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-05-31 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2007-2 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.78 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2007-05-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会