電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-05-31 11:10
購買順序を考慮した協調フィルタリング
岩田具治山田武士上田修功NTT
抄録 (和) 高速にパラメータ推定可能な購買順序を考慮した協調フィルタリング手法を提案する.これまでに,購買履歴を入力とし次に購入する商品を予測する協調フィルタリング問題において,購買順序を考慮したマルコフモデルや最大エントロピーモデルが適用されている.マルコフモデルはパラメータの推定,更新を高速にできるが,予測精度が低いという問題点がある.一方,最大エントロピーモデルはパラメータ推定,更新に多くの計算量を必要とするが,予測精度は高い.提案法は,複数のマルコフモデルを最大エントロピー原理で結合することにより,高速でかつ最大エントロピーモデルと同程度の性能を実現する.音楽,動画,漫画配信サービスの実ログデータを用い,提案法の有効性を示す. 
(英) We propose a collaborative filtering method that uses sequential information in purchase histories for recommendations. Markov models and maximum entropy models have been used for collaborative filtering problems that is the prediction of the next purchase item using the purchase history as input. In Markov models, their parameters can be estimated and updated fast, however their predictive accuracy is low. On the other hand, the accuracy of maximum entropy models is high, however high computational cost is required for their parameter estimation. We achieves the fast parameter estimation and high accuracy by combining multiple simple Markov models based on the maximum entropy principle. We show the validity of our method using real log data sets of music, movie and cartoon distribution services.
キーワード (和) リコメンデーション / 系列データ / 最大エントロピーモデル / ユーザモデル / / / /  
(英) recommendation / sequential data / maximum entropy model / user model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 78, AI2007-3, pp. 13-18, 2007年5月.
資料番号 AI2007-3 
発行日 2007-05-24 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2007-05-31 - 2007-05-31 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 「自動化:推論,発見,学習,データマイニング」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2007-05-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 購買順序を考慮した協調フィルタリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Collaborative Filtering using Purchase Sequences 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リコメンデーション / recommendation  
キーワード(2)(和/英) 系列データ / sequential data  
キーワード(3)(和/英) 最大エントロピーモデル / maximum entropy model  
キーワード(4)(和/英) ユーザモデル / user model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 具治 / Tomoharu Iwata / イワタ トモハル
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 武士 / Takeshi Yamada / ヤマダ タケシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 修功 / Naonori Ueda / ウエダ ナオノリ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-05-31 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2007-3 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.78 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2007-05-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会