電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-05-25 11:00
距離計測に基づく適応ハウリングキャンセラに関する検討
曽我美 明川村 新飯國洋二阪大EA2007-20 SIP2007-24
抄録 (和) 本論文では,スピーカ--マイクロホン間の距離を利用したハウリングキャンセラの性能改善について検討する.従来,我々は距離推定を,スピーカから送信したパイロット信号とマイクロホンで受信した信号との相関を利用する,相関法によって行ってきた.しかし,相関法による距離計測では,適切なしきい値を設定しなければ,距離推定精度が劣化するという問題があった.そこで,本論文では,マイクロホンで受信した信号のピーク値を利用して距離を推定する,最大値法を提案する.最大値法ではしきい値設定が不要になるという利点がある.実環境下の実験により,最大値法が相関法よりも高精度かつ安定に距離計測を行えることを示す.さらに,最大値法を用いたハウリングキャンセラを構成し,本方式の性能評価を行う. 
(英) We usually use a loudspeaker and a microphone at the speech and the concert and so on.
When we use them, howling sometimes occurs.
Howling makes people unpleasant and often breaks sound machinery.
Hence, a howling canceller needs to be required.
We pay attention to the theory that the occurrance of howling depends on distance between a loudspeaker and a microphone.
In this paper, we propose a howling canceller based on distance measurement and evaluate its perfomance.
The experimental results show that the proposed howling canceller improves 9dB(A) of howling margin.
キーワード (和) ハウリングキャンセラ / 距離計測 / ノッチファイル / ハウリングマージン / / / /  
(英) howling canceller / distance measurement / notch filter / howling margin / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 65, SIP2007-24, pp. 15-20, 2007年5月.
資料番号 SIP2007-24 
発行日 2007-05-18 (EA, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2007-20 SIP2007-24

研究会情報
研究会 EA SIP  
開催期間 2007-05-24 - 2007-05-25 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) 音響信号処理/一般 
テーマ(英) Acoustical Signal Processing / General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2007-05-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 距離計測に基づく適応ハウリングキャンセラに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An adaptive howling canceller based on distance measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハウリングキャンセラ / howling canceller  
キーワード(2)(和/英) 距離計測 / distance measurement  
キーワード(3)(和/英) ノッチファイル / notch filter  
キーワード(4)(和/英) ハウリングマージン / howling margin  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽我美 明 / Akira Sogami / ソガミ アキラ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 新 / Arata Kawamura / カワムラ アラタ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯國 洋二 / Youji Iiguni / イイグニ ヨウジ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-05-25 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2007-20,IEICE-SIP2007-24 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.63(EA), no.65(SIP) 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2007-05-18,IEICE-SIP-2007-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会