お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-05-24 16:45
[特別講演]コグニティブ無線におけるサンプリングレート選択
眞田幸俊慶大SR2007-7
抄録 (和) 無線LANから次世代の移動体通信まで様々な無線システムに対応するコグニティブ無線には,サンプリングレートを柔軟に変更することができるA/D変換器が必要になる.A/D変換器のサンプリングレートをシンボルレートよりも高くするFractional Samplingは,異なる遅延におけるインパルス応答をサンプルすることによりパスダイバーシチを実現する.したがってコグニティブ無線においてサンプリングレートは,単にシステム選択だけでなく通信品質の選択にも寄与する.

本報告ではFractional Samplingによるダイバーシチ効果,チャネル環境と最適サンプリングレート選択,Fractional Samplingを用いた信号検出精度の改善,Sampling Rate Conversion,歪補正法などの研究成果を紹介する. 
(英) In order to support various wireless standards such as WLAN or IMT-Advanced a cognitive radio terminal requires an A/D converter with flexible sampling rate. By setting the sampling rate higher than the Nyquist, fractional sampling realizes path diversity because it can extracts the different impulse response of the channel for each sampling point. Therefore, in cognitive radio, the sampling rate selection relates to QoS requirements as well as system selection.

In this report, new research results regarding the diversity effect of fractional sampling, a sampling rate selection scheme based on channel conditions, signal detection with fractional sampling, a new sampling rate conversion scheme, and signal processing schemes in direct sampling receivers are presented.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 分数間隔サンプリング / パスダイバーシチ / / / / /  
(英) Cognitive Radio / Fractional Sampling / Path Diversity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 69, SR2007-7, pp. 35-41, 2007年5月.
資料番号 SR2007-7 
発行日 2007-05-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2007-7

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2007-05-24 - 2007-05-25 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 標準化、パネル討論、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2007-05-SR 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) コグニティブ無線におけるサンプリングレート選択 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sampling Rate Selection in Cognitive Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) 分数間隔サンプリング / Fractional Sampling  
キーワード(3)(和/英) パスダイバーシチ / Path Diversity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-05-24 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2007-7 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.69 
ページ範囲 pp.35-41 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2007-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会