お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-05-19 14:30
電子掲示板の多重ロジスティック潜在変数モデルを用いたキーワード分析
植野真臣岡本敏雄電通大ET2007-3
抄録 (和) 本研究では、電子掲示板での議論を形態素解析し、(1)新しいキーワードの重要度の定義とキーワード自動抽出への応用、(2)
多重ロジスティック潜在変数モデルによるキーワード特性と発言者特性の多次元尺度上への同時可視化手法、を提案し、実際の
電子掲示板にオンライン解析システムとして実装した。
本手法の利点は、1.確率モデルを導入することにより、最尤推定法、ベイズ推定法などを用いることができ、推定値に漸近一致性を持つ、
2.MDLなどの情報量基準を用いることができ、予測効率最大となるパラメータ数を決定することができる、
3.キーワードの重要度の定義が容易に行え、キーワード分析や要約システムに応用ができる、
4.多重ロジスティック潜在変数モデルは計算が容易で大量データに対しても比較的高速に演算できる、
5.多重ロジスティック潜在変数モデルは、予測精度が最も良いとされるベイジアンネットワークの同時確率分布の良い近似を与える、が挙げられる。
本研究では、実際のLMSに上の機能を持つシステムを実装し、その有効性を示した。 
(英) This study proposes (1) A new definition of the kewords weights in the morphological analysis of the discussion in the electro bullitein
board and it's application to the automatic keywords extraction system,
and (2) Visualization method of the keywords characteristics and the contributers characteristics using
the multivariate latent logistic model. The advantages of the proposed method are 1. the estimators have the asymptotic consistency using
the maximum likelihood method or Bayesian estimation method, 2. The method can decide the optimum
number of the parameters using the information criteria as like MDL, 3. It is easy to define the keywords weights, they can be
applied to the keywords analysis and abstraction system, 4. the multivariate latent logistic model is easy to calculate the huge data,
and 5. the multivariate latent logistic model provides good approximation of the Bayesian network model which is well known good prediction model.
This study implemented the proposed functions into the electro bullitein board and show the effectiviness.
キーワード (和) テキスト・マイニング / キーワード分析 / 多重ロジスティック潜在変数モデル / 可視化システム / / / /  
(英) Text Mining / Keywords Analysis / the multivariate latent logistic model / visualization system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 48, ET2007-3, pp. 11-16, 2007年5月.
資料番号 ET2007-3 
発行日 2007-05-12 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-3

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2007-05-19 - 2007-05-19 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) Univ. of Electro-commnications 
テーマ(和) e-Learningの基盤技術/一般 
テーマ(英) 【キーワード:eLearning,学習オブジェクト,メタデータ,コースウェア開発,LMS,CMS,標準化技術,学習コンテンツ,マルチメディア,VR,UI,CSCL,WWW,人工知能技術,認知モデル】 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2007-05-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電子掲示板の多重ロジスティック潜在変数モデルを用いたキーワード分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Keywords analysis on Bulliten board using multivariate logistic latent analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テキスト・マイニング / Text Mining  
キーワード(2)(和/英) キーワード分析 / Keywords Analysis  
キーワード(3)(和/英) 多重ロジスティック潜在変数モデル / the multivariate latent logistic model  
キーワード(4)(和/英) 可視化システム / visualization system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 植野 真臣 / Maomi Ueno / ウエノ マオミ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 敏雄 / Toshio Okamoto /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-05-19 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2007-3 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.48 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2007-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会