電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-05-18 13:25
3次元計測を利用した日常動作支援システムの構築
岡崎芳樹ATR/立命館大)・内海 章山添大丈安部伸治ATR)・山内寛紀立命館大IE2007-12
抄録 (和) 本稿では,日常のタスクを自立的に行なうことが困難な認知症者を対象に、その
位置・姿勢を3次元情報として観測しタスクの進捗状態を認識することで,タ
スク達成に必要な情報を進捗状態に応じて音声・映像により提供するシステム
を提案する.まず,3次元計測により対象シーンの奥行き計測を行い、あらかじめ
人間を多方向から観測したデータにより構築した姿勢モデルと比較し,最尤推定
法により空間内に存在する人間の「位置」,「向き」,「姿勢」を認識する.提
案法では,観測エリア内の離散的な「位置」「向き」「姿勢」の各組み合わせに
ついて姿勢認識に必要な状態パラメータと投票値の組をあらかじめ計算しテーブ
ル化することにより,高速な姿勢認識を実現している.認識された姿勢から,そ
の時の利用者の状態を判断し,次にとるべき行動を音声・映像によりガイドする. 
(英) We propose a method to support human daily tasks with providing
'step-by-step' guidance information via voice and video. The temporal
and contextual control of the guidance information is achieved based
on the progress of user's task. In our method,
system measures 3-D appearance of users and compare the results with
preconstructed 3-D posture models to determine the current human
position, direction, and posture. Our algorithm using a
precomputed voting table enables fast recognition process for real time
performance. User's current state in a target task is determined with
the transition of human postures and guidance information for the next
motion is provided to users with audio and video. In this paper, we demonstrate
our implementation of interactive guidance system for a toilet task.
キーワード (和) 認知症 / 日常動作支援 / 姿勢認識 / 3次元計測 / テーブル探索 / 状態遷移 / /  
(英) a memory-impaired person / daily task assistance / posture recognition / 3-D measurement / table search / state transition / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 40, IE2007-12, pp. 7-12, 2007年5月.
資料番号 IE2007-12 
発行日 2007-05-11 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2007-12

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2007-05-18 - 2007-05-18 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 映像メディア処理、感性情報工学および一般(協賛:画像電子学会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2007-05-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元計測を利用した日常動作支援システムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Daily Task Assistance using 3-D posture observations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 認知症 / a memory-impaired person  
キーワード(2)(和/英) 日常動作支援 / daily task assistance  
キーワード(3)(和/英) 姿勢認識 / posture recognition  
キーワード(4)(和/英) 3次元計測 / 3-D measurement  
キーワード(5)(和/英) テーブル探索 / table search  
キーワード(6)(和/英) 状態遷移 / state transition  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 芳樹 / Yoshiki Okazaki / オカザキ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) ATR/立命館大学 (略称: ATR/立命館大)
ATR/Ritsumeikan University (略称: ATR/Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 章 / Akira Utsumi / ウツミ アキラ
第2著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山添 大丈 / Hirotake Yamazoe / ヤマゾエ ヒロタケ
第3著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安部 伸治 / Shinji Abe / アベ シンジ
第4著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 寛紀 / Hironori Yamauchi / ヤマウチ ヒロノリ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-05-18 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2007-12 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2007-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会