電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-05-18 14:25
開閉電気接点で発生するバウンス現象の弾性振動測定による検討
本間 亘鈴木拓海若月 昇石巻専修大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2007-8
抄録 (和) 電磁リレーでは、電気接点が閉成するときに、接点の衝突現象によるバウンスが生じる。過渡電流スイッチ回路よるアーク放電抑制を前提にすれば、接点電極の消耗や転移が激減するので、バウンスの抑制方法も従来とは別なアプローチがありそうである。そこで、従来のバウンス現象を可動電極の運動に着目して、現象の解明を試みた。このバウンス原因を明らかにするため、電極接点の形状を変え、接点開閉時の電流・電圧測定に同期させて可動接点の弾性振動を光変位計で測定した。閉成時の電気的特性と光変位計による測定を対比させたところ、可動電極は、片持ちはり構造の基本共振モードのほかに、2次モードの振動が確認され、それがバウンスと関係することがわかった。 
(英) During making contacts of an electromagnetic relay, mechanical collision of contacting electrodes causes bounces. It is well known that bounces cause damage of contacts and lives of contacts are reduced. Up to now, such bounces have been taken up with many papers. If the transient current switch circuit is applied to an electromagnetic relay, arc discharge is suppressed. Then, consumption and metastasis of the contact electrodes decrease drastically. For suppressing bounces, change in shape of contacting electrode would be possible and effective. Therefore, we sharpen contact electrodes and measured electric characteristic and displacement of movable electrode using optical displacement sensor. Synchronized measurements of V-I characteristics and mechanical motions show that the second order mechanical resonance mode of a bending electrode plate cause bounces as well as the first resonance mode.
キーワード (和) 電磁リレー / 電気接点 / バウンス / 片持ちはりの共振振動 / / / /  
(英) Electromagnetic relay / Electric contacts / Bounce / Bending resonance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 46, EMD2007-8, pp. 9-12, 2007年5月.
資料番号 EMD2007-8 
発行日 2007-05-11 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2007-05-18 - 2007-05-18 
開催地(和) 石巻専修大学 
開催地(英) Ishinomaki Senshu University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2007-05-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 開閉電気接点で発生するバウンス現象の弾性振動測定による検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁リレー / Electromagnetic relay  
キーワード(2)(和/英) 電気接点 / Electric contacts  
キーワード(3)(和/英) バウンス / Bounce  
キーワード(4)(和/英) 片持ちはりの共振振動 / Bending resonance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 亘 / Hiroshi Honma / ホンマ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 拓海 / Takumi Suzuki / スズキ タクミ
第2著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若月 昇 / Noboru Wakatsuki / ワカツキ ノボル
第3著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-05-18 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2007-8 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.46 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2007-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会