電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-05-18 16:25
ガボール関数を用いた紙の濃淡模様の品質評価
長田 学国立印刷局)・青木工太長橋 宏東工大)・大江定道国立印刷局IE2007-18
抄録 (和) 本稿では,紙に付与された濃淡模様を対象に,官能評価に替わる客観的評価に関する一手法を述べる.提案手法では,濃淡模様の鮮明度を一対比較法による官能評価から数値化した上で,その官能評価結果に沿う表現可能な画像特徴を統計的画像処理から選択して客観的に評価する.ガボール関数を用いて濃淡模様のエッジ成分を抽出し,得られた特徴量を部分空間に射影して残差ベクトルを算出する.ユークリッド距離を用いた相対距離から特徴の非類似度を求める.線形回帰によって,このような客観的な評価尺度と主観的な官能評価の結果を関連付け,モデル化する.実験により官能評価の実測値と推定値の高い相関が得られることを示す. 
(英) In this paper, we propose a new technique for the objective evaluation of marks made from pulp fibers that can replaces the usual sensory evaluation method. After quantification of the definition of marks, from sensual evaluations obtained by a paired comparison test, our proposed technique extracts image features that can express the results of the sensory evaluation, from statistical image processing, and evaluates the marks. The feature extraction is performed using Gabor functions. The extracted features are projected into a subspace and residual vectors are calculated from them. We define a non-similarity measure between samples by the Euclidean distance of residual vectors. Linear regression is used to model the relationship between objective evaluations and sensory evaluations. Experimental results show a high correlation between measurements by our method using image processing and those by sensory evaluation.
キーワード (和) 濃淡模様 / 官能評価 / 画像解析 / ガボール関数 / / / /  
(英) marks / sensory evaluation / image analysis / gabor functions / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 40, IE2007-18, pp. 41-46, 2007年5月.
資料番号 IE2007-18 
発行日 2007-05-11 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2007-18

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2007-05-18 - 2007-05-18 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 映像メディア処理、感性情報工学および一般(協賛:画像電子学会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2007-05-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ガボール関数を用いた紙の濃淡模様の品質評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quality Evaluation of Marks within Papers using Gabor Functions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 濃淡模様 / marks  
キーワード(2)(和/英) 官能評価 / sensory evaluation  
キーワード(3)(和/英) 画像解析 / image analysis  
キーワード(4)(和/英) ガボール関数 / gabor functions  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長田 学 / Manabu Osada / オサダ マナブ
第1著者 所属(和/英) 国立印刷局 (略称: 国立印刷局)
National Printing Bureau (略称: National Printing Bureau)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 工太 / Kota Aoki / アオキ コウタ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長橋 宏 / Hiroshi Nagahashi / ナガハシ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大江 定道 / Sadamichi Ohe / オオエ サダミチ
第4著者 所属(和/英) 国立印刷局 (略称: 国立印刷局)
National Printing Bureau (略称: National Printing Bureau)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-05-18 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2007-18 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2007-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会