電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-04-26 15:10
多重モルフォロジーに基づく画像改ざん検出
万 頃涛NECエンジニアリング)・○藤吉正明貴家仁志首都大東京SIP2007-9 IE2007-9
抄録 (和) 本稿では,画像を対象とする改ざん検出法を提案している.提案法は,同一画像に同一構造要素で同一モルフォロジー処理を繰り返し適用しても,処理結果が不変であるべき等性を活用している.モルフォロジー処理を施した画像を通信,流通などし,改ざんが施されていなければべき等性が成立し,施されていればべき等性が成立しないことに基づいて,改ざんを検出する.従来法では,改ざん検出の鍵でもある構造要素が大きい場合,モルフォロジー処理を施した画像の画質が著しく低下する.画質を優先すると,構造要素の選択自由度が低下し,セキュリティが低減する.提案法はモルフォロジー処理を2回施すことで,従来法と同程度の改ざん検出および改ざん位置特定精度を保ったまま,処理後画像の画質を従来法より改善している.同時に,それぞれのモルフォロジー処理に用いる構造要素が異なることで,選択の自由度および組合せの複雑さが向上し,セキュリティも向上している. 
(英) This paper proposes a tamper detection for images. The proposed method utilizes the idempotence of mathematical morphology operations, i.e., a recursive operation with the one structuring element to the one image generates the same output image as the previous operation does. If tampering is applied to an operated image, the idempotence no longer holds. The proposed method, thus, can detect tampering. When the conventional method uses a large structuring element, it degrades an image so much. The conventional method, however, decreases the security, that is based on the large degrees of freedom on selection of the structuring element, by choosing small elements for improving the image quality. The proposed method applies mathematical morphology operations twice to an image to improve the quality of the operated image and to simultaneously keep the tamper detecting ability and the precision of the tampered area. Moreover, each morphology operation uses different structuring elements in the proposed method, it enhances the security by spreading the degrees of freedom on selection of the structuring elements and by increasing the combinations of structuring elements.
キーワード (和) 構造要素 / べき等性 / 真正制 / 非線形信号処理 / / / /  
(英) Structuring element / Idempotence / Integrity / Nonlinear signal processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 22, SIP2007-9, pp. 49-54, 2007年4月.
資料番号 SIP2007-9 
発行日 2007-04-19 (SIP, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2007-9 IE2007-9

研究会情報
研究会 IE SIP  
開催期間 2007-04-26 - 2007-04-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 画像信号処理および一般 
テーマ(英) Image signal processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2007-04-IE-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多重モルフォロジーに基づく画像改ざん検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Tamper Detection Based on Multiple Mathematical Morphology Operations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 構造要素 / Structuring element  
キーワード(2)(和/英) べき等性 / Idempotence  
キーワード(3)(和/英) 真正制 / Integrity  
キーワード(4)(和/英) 非線形信号処理 / Nonlinear signal processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 万 頃涛 / Qing Tao Wan / マン チントウ
第1著者 所属(和/英) NECエンジニアリング (略称: NECエンジニアリング)
NEC Engineering Ltd. (略称: NEC Engineering)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 正明 / Masaaki Fujiyoshi / フジヨシ マサアキ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-04-26 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2007-9,IEICE-IE2007-9 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.22(SIP), no.23(IE) 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2007-04-19,IEICE-IE-2007-04-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会