電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-04-20 13:35
ハンマリング加振機構による電気接点の劣化現象 ~ 加振装置試作 ~
和田真一園田健人片桐要祐高橋康夫菊地光男久保田洋彰TMCシステム)・澤 孝一郎慶大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2007-1
抄録 (和) 電子技術にとって重要な課題である電気接点の高信頼性化に向けて,電気接点に実用的振動を与えうる加振機構を開発し,微小振動が接触抵抗に与える影響を考察できる可能性を検討した.本機構では,自由落方式で打撃し,ワンウェイクラッチを装備することで再度被加振部に衝突することを制限した.実験室環境下で,コネクタに定電流を流し,電圧を測定した.加振回数400万回超の頃から,接触抵抗値が増加したとみられる測定電圧が上昇傾向となり,最大値約4.0[V]超から最小値約0.1[V]の間を振動した.このことにより,本加振機構によれば,コネクタ接点の接触抵抗の振動特性が見られることが示された.これにより,コネクタの接触面においてフレッティング現象が発生していることが示唆された.また、加振周期を、約1Hzから約3Hzにしたところ,現象の発生時期が短縮された.また、通電電流を増減させたところ,現象の発生に関連していることが示唆された. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 電気接点 / 加振機構 / 微小振動 / 接触抵抗 / / / /  
(英) electrical contact / oscillating mechanism / micro-oscillating / contact resistance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 12, EMD2007-1, pp. 1-4, 2007年4月.
資料番号 EMD2007-1 
発行日 2007-04-13 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2007-04-20 - 2007-04-20 
開催地(和) 日本工業大学(神田キャンパス,東京都) 
開催地(英) Nippon Institute of Technology( Kanda Campus,Tokyo) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2007-04-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハンマリング加振機構による電気接点の劣化現象 
サブタイトル(和) 加振装置試作 
タイトル(英) Degradation phenomenon of electrical contacts by hammering oscillating mechanism 
サブタイトル(英) hammering oscillating mechanism for trial 
キーワード(1)(和/英) 電気接点 / electrical contact  
キーワード(2)(和/英) 加振機構 / oscillating mechanism  
キーワード(3)(和/英) 微小振動 / micro-oscillating  
キーワード(4)(和/英) 接触抵抗 / contact resistance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 真一 / Shin-ichi Wada / ワダ シンイチ
第1著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 園田 健人 / Taketo Sonoda / ソノダ タケト
第2著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片桐 要祐 / Yousuke Katagiri / カタギリ ヨウスケ
第3著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 康夫 / Yasuo Takahashi / タカハシ ヤスオ
第4著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊地 光男 / Mitsuo Kikuchi / キクチ ミツオ
第5著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 洋彰 / Hiroaki Kubota / クボタ ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC SYSTEM CO., LTD. (略称: TMC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤 孝一郎 / Koichiro Sawa / サワ コウイチロウ
第7著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-04-20 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2007-1 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2007-04-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会