電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-04-20 14:25
銀接点低速開離時アークのGHz帯までの電磁ノイズ計測 (その4) ~ ブリッジと短時間アーク波形の特徴抽出 ~
萓野良樹宮永和明井上 浩秋田大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2007-3
抄録 (和) 電気接点の開閉時に発生するアーク放電は電磁ノイズの発生原因となる.発生した電磁ノイズは電子機器を妨害する可能性があるため,電気接点を設計する上でElectromagnetic compatibility (EMC)は寿命,信頼性などと同様に重要な評価パラメータである.本論文では,銀接点低速開離時に発生するGHz帯までの電磁ノイズの特性を開離現象と対応させて明らかにするために,ノイズの発生領域として1つめの短時間アーク放電に注目し,ブリッジと短時間アーク波形の特徴抽出を試みた.その結果,銀接点低速開離時に発生する短時間アークは,その持続電圧が高くなるにつれて継続時間が長くなることを明らかにした.また,短時間アーク放電に至る直前のブリッジ波形の振幅確率密度分布 (APD)から,融点付近の時間が短い場合には持続電圧が低く,継続時間が短くなる可能性が示唆された. 
(英) Arc discharge generated by breaking electrical contact is considered as a main source of an undesired electromagnetic (EM) noise. Since the EM noise resulting from the arc discharge disturbs other electric devices, electromagnetic compatibility (EMC), as well as lifetime and reliability, are important parameters for the evaluation of electrical contact. In order to clarify mechanism of generation of the EM noise, feature extraction of bridge and short-time arc waveforms generated by slowly breaking Ag contact is discussed experimentally in this paper. It is revealed that as the arc voltage of the short-time arc is higher, its duration becomes longer. From the APD of the bridge waveform, the duration is shorter and the arc-voltage is low, when the time in which the temperature at the $a$-spot is melting point is short.
キーワード (和) ブリッジ / アーク放電 / 短時間アーク / GHz帯ノイズ / 低速開離 / / /  
(英) Bridge / Arc discharge / Short-time arc / GHz band noise / Slow break / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 12, EMD2007-3, pp. 11-16, 2007年4月.
資料番号 EMD2007-3 
発行日 2007-04-13 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2007-04-20 - 2007-04-20 
開催地(和) 日本工業大学(神田キャンパス,東京都) 
開催地(英) Nippon Institute of Technology( Kanda Campus,Tokyo) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2007-04-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 銀接点低速開離時アークのGHz帯までの電磁ノイズ計測 (その4) 
サブタイトル(和) ブリッジと短時間アーク波形の特徴抽出 
タイトル(英) A Measurement of Electromagnetic Noise up to Gigahertz Frequency Generated by Slowly Breaking Silver Contacts (Part 4) 
サブタイトル(英) Feature Extraction of Bridge and Short-Time Arc Waveforms 
キーワード(1)(和/英) ブリッジ / Bridge  
キーワード(2)(和/英) アーク放電 / Arc discharge  
キーワード(3)(和/英) 短時間アーク / Short-time arc  
キーワード(4)(和/英) GHz帯ノイズ / GHz band noise  
キーワード(5)(和/英) 低速開離 / Slow break  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 萓野 良樹 / Yoshiki Kayano / カヤノ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮永 和明 / Kazuaki Miyanaga / ミヤナガ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 浩 / Hiroshi Inoue / イノウエ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-04-20 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2007-3 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMD-2007-04-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会