お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-23 18:05
振動触覚情報による起立姿勢バランスの変化 ~ バランストレーニング装置について ~
泉 隆北海道東海大)・田中敏明札幌市大)・井野秀一伊福部 達東大
抄録 (和) 著者らは,ひずみゲージを用いた重心動揺計に小型振動モータによる振動触覚情報を体幹部や足底部に呈示する装置を組み合わせることで,起立時の姿勢動揺の様態を実時間で本人の体性感覚にフィードバックする装置を開発した.本報告では,装置開発の考え方を紹介し,各部の構成を説明する.また,本装置のバランストレーニングへの応用についても報告する. 
(英) A postural training device aimed at fall-prevention of elderly people is proposed. A stabilometer is combined with small vibration motors that convey vibrotactile information on the body sway. We describe the basic concepts and the configuration of the device in this paper.
キーワード (和) 姿勢バランス / 振動触覚 / 感覚フィードバック / 転倒予防 / / / /  
(英) postural balance / vibratory sensation / sensory feedback / fall-prevention / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 612, WIT2006-122, pp. 99-102, 2007年3月.
資料番号 WIT2006-122 
発行日 2007-03-16 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2007-03-23 - 2007-03-24 
開催地(和) 中京大学(名古屋キャンパス) 
開催地(英) Chukyo Univ 
テーマ(和) 福祉情報工学一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2007-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 振動触覚情報による起立姿勢バランスの変化 
サブタイトル(和) バランストレーニング装置について 
タイトル(英) Postural sway guided by biblotactile information 
サブタイトル(英) Introduction of a postural training device 
キーワード(1)(和/英) 姿勢バランス / postural balance  
キーワード(2)(和/英) 振動触覚 / vibratory sensation  
キーワード(3)(和/英) 感覚フィードバック / sensory feedback  
キーワード(4)(和/英) 転倒予防 / fall-prevention  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 隆 / Takashi Izumi / イズミ タカシ
第1著者 所属(和/英) 北海道東海大学 (略称: 北海道東海大)
Hokkaido Tokai University (略称: Hokkaido Tokai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 敏明 / Toshiaki Tanaka / タナカ トシアキ
第2著者 所属(和/英) 札幌市立大学 (略称: 札幌市大)
Sapporo City University (略称: Sapporo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井野 秀一 / Shuichi Ino / イノ シュウイチ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UTYO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊福部 達 / Tohru Ifukube / イフクベ トオル
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UTYO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-23 18:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2006-122 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.612 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WIT-2007-03-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会