お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-16 16:15
ヘルスコートによる室内環境改善効果
諸石知子吉松道晴白濱 毅上原竜哉寺島大助竹内周大アーテック工房)・寺沢充夫生体健康科学研
抄録 (和) ヘルスコートは高温で処理した木炭と特殊樹脂で作られた室内環境改善材である.その効果として,シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物を吸着,分解する能力がある.また,ヘルスコートが発生する遠赤外線は生体の温度を上げることを実験的に確かめてきた.これらの結果から,ヘルスコートは室内環境改善と生体に良い効果を及ぼすことが示唆された. 
(英) The Healthcoat is an indoor, environmental friendly material which uses a special resin which is processed at high temperature. It has the ability to adsorb, and to resolve an Volatile Organic Compounds that causes a sick house syndrome effect. Moreover, far infrared rays is generated from Healthcoat and absorbed in the living body, plus it has been experimentally confirmed to raise the temperature of the living body. It has been suggested that the Healthcoat have a good effect on the indoor environment. And it can have a positive effect on the living body.
キーワード (和) ヘルスコート / 揮発性有機化合物 / 遠赤外線 / 室内環境 / / / /  
(英) Healthcoat / Volatile Organic Compounds / far infrared rays / indoor environment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 592, MBE2006-145, pp. 53-56, 2007年3月.
資料番号 MBE2006-145 
発行日 2007-03-09 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2007-03-15 - 2007-03-16 
開催地(和) 玉川大学工学部 
開催地(英) Tamagawa Univ. 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2007-03-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヘルスコートによる室内環境改善効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effect of improvement of indoor environment depends on Health Coat 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘルスコート / Healthcoat  
キーワード(2)(和/英) 揮発性有機化合物 / Volatile Organic Compounds  
キーワード(3)(和/英) 遠赤外線 / far infrared rays  
キーワード(4)(和/英) 室内環境 / indoor environment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 諸石 知子 / Tomoko Moroishi / モロイシ トモコ
第1著者 所属(和/英) アーテック工房株式会社 (略称: アーテック工房)
Artech Kohboh Co. Ltd. (略称: Artech kohboh Co. Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉松 道晴 / Michiharu Yoshimatsu / ヨシマツ ミチハル
第2著者 所属(和/英) アーテック工房株式会社 (略称: アーテック工房)
Artech Kohboh Co. Ltd. (略称: Artech kohboh Co. Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白濱 毅 / Takeshi Shirahama / シラハマ タケシ
第3著者 所属(和/英) アーテック工房株式会社 (略称: アーテック工房)
Artech Kohboh Co. Ltd. (略称: Artech kohboh Co. Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 竜哉 / Tatsuya Uehara / ウエハラ タツヤ
第4著者 所属(和/英) アーテック工房株式会社 (略称: アーテック工房)
Artech Kohboh Co. Ltd. (略称: Artech kohboh Co. Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺島 大助 / Daisuke Terashima / テラシマ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) アーテック工房株式会社 (略称: アーテック工房)
Artech Kohboh Co. Ltd. (略称: Artech kohboh Co. Ltd.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 周大 / Syudai Takeuchi / タケウチ シュウダイ
第6著者 所属(和/英) アーテック工房株式会社 (略称: アーテック工房)
Artech Kohboh Co. Ltd. (略称: Artech kohboh Co. Ltd.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺沢 充夫 / Mitsuo Terasawa / テラサワ ミツオ
第7著者 所属(和/英) 生体健康科学研究所 (略称: 生体健康科学研)
Biological Health Science Laboratory (略称: B.H.S.Lab)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-16 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2006-145 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.592 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2007-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会