電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-15 15:30
前頭前野における隠れ状態推定と環境ダイナミクス同定の機能分離
森本智志吉田和子石井 信奈良先端大
抄録 (和) 動的環境における意思決定には、環境のダイナミクスを同定し、それに基いて現在の状態を推定することが重要である。環境が部分観測の場合、不確実な観測情報から隠れ状態を推定する必要がある。これまで推定に脳の前頭前野が関わることが示唆されてきたが、一つの課題の脳計測結果からこれらの異なる推定メカニズムを分離した研究はない。本研究では、部分観測課題として提案されている‘Tiger problem’を基に、不確実情報を用いて状態遷移モデルと隠れ状態の両方を推定をする拡張版課題を設計し、課題遂行時のヒト脳活動をfMRI によって計測した。その結果、左前部前頭前野に状態の不確実性、また右背側前頭前野に環境ダイナミクスの不確実性に相関する脳賦活が認められた。このことから前頭前野の異なる部位が隠れ状態推定とダイナミクス同定に関与することが示唆された。 
(英) Decision making in a dynamic environment rests critically on the identification of the environmental dynamics. When the environment is partially observable, it is neccessary to estimate the hidden state using the uncertain observation is needed. Despite considerable interests in the estimation function of the prefrontal cortex, the functional dissociation between the hidden state estimation and dynamics identification has not been studied yet. In this study, we designed a decision making task in which the subjects were required to estimate both the hidden state and the dynamics model using the uncertain information, as an extention of ‘Tiger problem’ a typical partially observable problem. Our fMRI results showed that the activation of the left anterior prefrontal cortex and the right lateral prefrontal were correlated with the uncertainty of state and dynamics estimation, respectively.
キーワード (和) 隠れ状態推定 / 環境同定 / 前部前頭前野 / 背外側前頭前野 / fMRI / / /  
(英) hidden state estimation / dynamics identification / anterior prefrontal cortex / dorsolateral prefrontal cortex / fMRI / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 589, NC2006-167, pp. 83-88, 2007年3月.
資料番号 NC2006-167 
発行日 2007-03-08 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2007-03-14 - 2007-03-16 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2007-03-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 前頭前野における隠れ状態推定と環境ダイナミクス同定の機能分離 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Functional dissociation of hidden state estimation and dynamics identification in prefrontal cortex 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 隠れ状態推定 / hidden state estimation  
キーワード(2)(和/英) 環境同定 / dynamics identification  
キーワード(3)(和/英) 前部前頭前野 / anterior prefrontal cortex  
キーワード(4)(和/英) 背外側前頭前野 / dorsolateral prefrontal cortex  
キーワード(5)(和/英) fMRI / fMRI  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 智志 / Satoshi Morimoto / モリモト サトシ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 和子 / Wako Yoshida / ヨシダ ワコ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 信 / Shin Ishii / イシイ シン
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-15 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2006-167 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.589 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2007-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会