お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-15 14:15
知覚競合中のMEG信号による脳活動部位の特徴解析
岡田康秀西村治彦兵庫県立大)・南 哲人村田 勉NICT
抄録 (和) 本研究では,動的な多義図形である仮現運動刺激下での知覚競合時におけるMEGのチャネル信号間の時間相互相関を見ることにより,知覚競合に関する脳内部位間の関係について調べた.実験デザインとしては,知覚競合(自発的な見えの交代)を引き起こすRivalry条件刺激だけではなく,一義的な視覚刺激で見えの交代を誘導するReplay条件(コントロール条件)刺激の提示も行い,両者の条件間での差に注目することによって,見えの交代前に関して知覚競合に固有な部位相関の検出を行った.その結果,一義的な知覚誘導に比べて,右前部と後部のチャネル群間に顕著な高まりが,また後部チャネル群内に顕著な落ち込みが確認された. 
(英) Perceptual rivalry is supported by the flexibility of the brain and is thought to be a clue to the understanding of visual awareness. Recent functional neuro-imaging studies such as fMRI and MEG provide some evidence that multiple cortical areas are associated with perceptual rivalry. In this work, we performed mutual correlation analyses for MEG signals obtained from the subjects in experiencing bistable apparent motion of ambiguous figure perception. As a result, we found the remarkable correlations of MEG signals between the anterior and the posterior channels in two seconds before the occurrence of perceptual alternation.
キーワード (和) 知覚競合 / 脳磁図計測 / 時間相互相関 / 仮現運動 / / / /  
(英) perceptual rivalry / MEG / mutual temporal correlation / apparent motion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 591, MBE2006-127, pp. 37-40, 2007年3月.
資料番号 MBE2006-127 
発行日 2007-03-08 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2007-03-15 - 2007-03-16 
開催地(和) 玉川大学工学部 
開催地(英) Tamagawa Univ. 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2007-03-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 知覚競合中のMEG信号による脳活動部位の特徴解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristics of Perceptual Rivalry on the Correlation in MEG Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 知覚競合 / perceptual rivalry  
キーワード(2)(和/英) 脳磁図計測 / MEG  
キーワード(3)(和/英) 時間相互相関 / mutual temporal correlation  
キーワード(4)(和/英) 仮現運動 / apparent motion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 康秀 / Yasuhide Okada / オカダ ヤスヒデ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 治彦 / Haruhiko Nishimura / ニシムラ ハルヒコ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 南 哲人 / Tetsuto Minami / ミナミ テツト
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 勉 / Tsutomu Murata / ムラタ ツトム
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-15 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2006-127 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.591 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2007-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会