お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-15 15:50
複数環境下における内部モデルの時空間的分離
登美直樹郷古 学伊藤宏司東工大)・近藤敏之東京農工大
抄録 (和) 脳が環境の動特性を同定する際に,複雑な動特性から単純な動特性を分離して同定することができれば,得られたモデルを他のタスクに応用することが容易となる.本研究では2点間到達運動を例に,2つの異なる動特性を線形に重ね合わせた環境下で運動学習を解析した.環境として,粘性力場と弾性力場および,粘性力場どうしの重ね合わせを用いた.実験により,重なり合った合成環境の学習が,後の単一の環境の学習に対して正に転移することが確認された.本研究はこれらを通して,人が複雑な制御対象特性から単純な動特性を分離・知覚する機構を解明することを目的とする. 
(英) Humans can behave adaptively in the different dynamical conditions. In order to make adaptive behaviors, it is required to adjust the kinematic and dynamic relations among the brain and environment according to the task. Recent studies have shown that humans can acquire a neural representation of the relation between motor command and sensory feedback, i.e. learn an internal model of the environment dynamics. Then, we can compensate for the dynamical perturbation in a feedforward manner. The present paper discusses whether humans can identify simple physical characteristics of dynamics from the mixed.
キーワード (和) 運動適応 / 内部モデル / 到達運動 / 内部モデルの分離 / / / /  
(英) Motor adaptation / Internal model / Reaching movement / Decomposition of internal models / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 589, NC2006-168, pp. 89-94, 2007年3月.
資料番号 NC2006-168 
発行日 2007-03-08 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2007-03-14 - 2007-03-16 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2007-03-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数環境下における内部モデルの時空間的分離 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spatio-temporal Decomposition of Internal Models in Motor Learning under Mixed Dynamic Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 運動適応 / Motor adaptation  
キーワード(2)(和/英) 内部モデル / Internal model  
キーワード(3)(和/英) 到達運動 / Reaching movement  
キーワード(4)(和/英) 内部モデルの分離 / Decomposition of internal models  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 登美 直樹 / Naoki Tomi / トミ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 郷古 学 / Manabu Gouko / ゴウコ マナブ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 宏司 / Koji Ito / イトウ コウジ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 敏之 / Toshiyuki Kondo / コンドウ トシユキ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo University of Agriculture and Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-15 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2006-168 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.589 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2007-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会