お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-09 16:15
近傍グラウンドに着目したケーブルの断面形状と励起コモンモード電流
森光和也岡山大)・渡辺哲史岡山県工技センター)・豊田啓孝古賀隆治岡山大)・和田修己京大EMCJ2006-128
抄録 (和) 基準となるシステムグラウンドから空中に浮いた送受信器と平行ケーブルから構成される4導体系を
構築し、電子機器間をつなぐケーブルのシステムグラウンドからの高さ、長さ、および、グラウンド線数を変えて、
発生するコモンモード電流の測定を行った。システムグラウンドからの完全分離と外部から妨害をなくするため、
コモンモード励振源として小型の光ファイバーモジュールを用いた。その結果、
コモンモード電流はシステムグラウンドに対する高さと、機器システムのグラウンドの平衡度バランスとの間に密接な関係が
あることがわかった。機器システムの高さを変えることによりコモンモード電流が変化する。
高さ10cm以上では、ほぼ一定の電流値になったが、10cm以下ではシステムグラウンドの影響により
コモンモード電流は増加した。さらに、ケーブルのグラウンド線を増やすことでコモンモード電流が低減することを実験で示した。
その変化は、伝送線路に沿った電流配分率の変化量で説明できる傾向を示した。 
(英) Common-mode current was measured for a four-conductor system that is electrically floating above the reference ground.
A parallel cable is used to connect a imtative common-mode transmitter and a receiver.
Common-mode current was measured for different height of the devices above the ground as well as the length
of the cable. The transmitter was driven with an optical fiber in order to isolate the devices from the
ambient electromagnetic field.
Experimental results showed that the current was almost constant for the height over 10cm, and for the lower
it was increased with decreasing the height from the reference ground due to the effect of the ground.
The effect of the number of ground cables was examined and it was confirmed that the common-mode current
along the cable decreases with the number of ground cables in the parallel cable. The trend is explained by
the relationship of common-mode current with the difference of the current divison factor between
devices and the cables.
キーワード (和) コモンモード電流 / グラウンド / 4導体系 / 電子機器システム / 電流配分率 / ケーブル / /  
(英) common-mode current / ground / four-conducter system / electrical systems / current division factor / cable / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 579, EMCJ2006-128, pp. 71-75, 2007年3月.
資料番号 EMCJ2006-128 
発行日 2007-03-02 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2006-128

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2007-03-09 - 2007-03-09 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 放送EMC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2007-03-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近傍グラウンドに着目したケーブルの断面形状と励起コモンモード電流 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Common-mode current related to cable ground in shape 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コモンモード電流 / common-mode current  
キーワード(2)(和/英) グラウンド / ground  
キーワード(3)(和/英) 4導体系 / four-conducter system  
キーワード(4)(和/英) 電子機器システム / electrical systems  
キーワード(5)(和/英) 電流配分率 / current division factor  
キーワード(6)(和/英) ケーブル / cable  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森光 和也 / Kazuya Morimitsu / モリミツ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 哲史 / Tetsushi Watanabe / ワタナベ テツシ
第2著者 所属(和/英) 岡山県工業技術センタ (略称: 岡山県工技センター)
Industrial Technology Center of Okayama Prefecture (略称: ITCO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 啓孝 / Yoshitaka Toyota / トヨタ ヨシタカ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 隆治 / Ryuji Koga / コガ リュウジ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 修己 / Osami Wada / ワダ オサミ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-09 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2006-128 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.579 
ページ範囲 pp.71-75 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2007-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会