お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-09 13:00
地上デジタル放送の放送波中継における補助アンテナを用いた同一チャネル干渉除去に関する一検討
竹内知明横畑和典濱住啓之渋谷一彦NHKEMCJ2006-121
抄録 (和) 地上デジタル放送の放送波中継局における同一チャネル干渉対策として,筆者らはMMSEアダプティブアレーを用いた干渉除去技術の適用を検討している.
これまでは,希望波と干渉波の到来角度差が小さく,高利得で指向性の鋭い受信アンテナを用いても,そのメインローブで受信してしまう同一チャネル干渉波を信号処理によって除去することを想定していたが,実際の放送ネットワークの検討では,上位局に向けた受信アンテナのメインローブ以外の方向から到来する干渉波の除去に対する要望があることがわかってきた.
そこで本報告では,メインローブを希望波に向ける主アンテナと干渉波の到来方向に向ける補助アンテナによってそれぞれの電波を受信し,アンテナ出力信号間で干渉D/Uが異なることを利用して干渉波をキャンセルする地上デジタル放送用の補助アンテナ方式の干渉除去システムを提案し,計算機シミュレーションおよび室内実験
の結果よりその有効性を示す. 
(英) As a counter measure of co-channel interference at digital
broadcast--wave relay station, we have considered an application of
MMSE adaptive array. So far, we suppose that interference incident to
main lobe of receiving antenna with sharp directivity is needed to be
cancelled using signal processing. However, it becomes clear in a
practical network examination that a demand to cancel co-channel
interference which incident to side lobe of receiving antenna is
exists. This paper proposes an interference cancellation system for
ISDB\,-T using an auxiliary antenna. In this system, a main and
auxiliary antenna are directed to desired and interference waves
respectively, and interference component in a signal received by main
antenna is cancelled with a replica of the interference generated from
a signal received by auxiliary antenna, utilizing a difference of
there interference D/U. Numerical examples and in-laboratory
experimental results are presented to show the effectiveness of a
proposed method.
キーワード (和) 地上デジタル放送 / 放送波中継 / 同一チャネル干渉 / アダプティブアレー / 補助アンテナ / / /  
(英) Digital Terrestrial Broadcasting / Broadcast-Wave Relay / Co-Channel Interference / Adaptive Array / Auxiliary Antenna / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 579, EMCJ2006-121, pp. 33-38, 2007年3月.
資料番号 EMCJ2006-121 
発行日 2007-03-02 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2006-121

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2007-03-09 - 2007-03-09 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 放送EMC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2007-03-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上デジタル放送の放送波中継における補助アンテナを用いた同一チャネル干渉除去に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discussion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上デジタル放送 / Digital Terrestrial Broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 放送波中継 / Broadcast-Wave Relay  
キーワード(3)(和/英) 同一チャネル干渉 / Co-Channel Interference  
キーワード(4)(和/英) アダプティブアレー / Adaptive Array  
キーワード(5)(和/英) 補助アンテナ / Auxiliary Antenna  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 知明 / Tomoaki Takeuchi / タケウチ トモアキ
第1著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横畑 和典 / Kazunori Yokohata / ヨコハタ カズノリ
第2著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱住 啓之 / Hiroyuki Hamazumi / ハマズミ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渋谷 一彦 / Kazuhiko Shibuya / シブヤ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-09 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2006-121 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.579 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2007-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会