電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-09 16:30
IEEE802.15.3c ミリ波WPANに関する研究開発と標準化活動 ~ (5) 15.3cMACにおける必要事項の検討 ~
児島史秀藍 洲表 昌佑加藤修三NICT)・中瀬博之東北大)・永井幸政山内尚久三菱電機)・前田忠彦池田秀人OKI)・大石泰之富士通研RCS2006-282
抄録 (和) 高速のIEEE802.15.3cPHYを実現するためには,従来の15.3bMACに対し,付加的なMAC制御の必要性が予想される.本稿では,アンテナの指向性を考慮しながらPiconet管理,データ通信等を実現するAutomatic device discovery技術,またデータペイロード長を拡張することでデータ伝送効率を向上させるFrame aggregation技術が,15.3cMACには不可欠であることを述べる. 
(英) Conventional 15.3MAC cannot cope with IEEE802.15.3c-high-speed-PHY without suitable modifications in its specifications. In this paper, we propose that automatic device discovery technology and frame aggregation technology should be included in such enhancement as for 15.3cMAC. The former is a technology that finds communication partners coping with antenna directivity, and the latter means data payload length expansion that increases data transmission efficiency.
キーワード (和) IEEE802.15.3c / MAC / WPAN / ミリ波 / / / /  
(英) IEEE802.15.3c / MAC / WPAN / Millimeter wave / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 555, RCS2006-282, pp. 191-194, 2007年3月.
資料番号 RCS2006-282 
発行日 2007-02-28 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2006-282

研究会情報
研究会 RCS MoNA WBS SR MW  
開催期間 2007-03-07 - 2007-03-09 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2007-03-RCS-MoMuC-WBS-SR-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE802.15.3c ミリ波WPANに関する研究開発と標準化活動 
サブタイトル(和) (5) 15.3cMACにおける必要事項の検討 
タイトル(英) Research and Standardization activty for IEEE802.15.3c mmW WPAN 
サブタイトル(英) (5) Study on essential items for 15.3cMAC 
キーワード(1)(和/英) IEEE802.15.3c / IEEE802.15.3c  
キーワード(2)(和/英) MAC / MAC  
キーワード(3)(和/英) WPAN / WPAN  
キーワード(4)(和/英) ミリ波 / Millimeter wave  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第1著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藍 洲 / Zhou Lan / ラン ゾー
第2著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 表 昌佑 / Chang-Woo Pyo / ピョウ チャンウー
第3著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 修三 / Shuzo Kato / カトウ シュウゾウ
第4著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中瀬 博之 / Hiroyuki Nakase / ナカセ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 幸政 / Yukimasa Nagai / ナガイ ユキマサ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 尚久 / Takahisa Yamauchi / ヤマウチ タカヒサ
第7著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 忠彦 / Tadahiko Maeda / マエダ タダヒコ
第8著者 所属(和/英) 沖電気 (略称: OKI)
Oki Electric (略称: Oki)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 秀人 / Hideto Ikeda / イケダ ヒデト
第9著者 所属(和/英) 沖電気 (略称: OKI)
Oki Electric (略称: Oki)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 泰之 / Yasuyuki Oishi / オオイシ ヤスユキ
第10著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU Labo. (略称: FUJITSU Labo.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-09 16:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2006-282 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.555 
ページ範囲 pp.191-194 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2007-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会