お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-09 11:25
緊急警報放送によるワンセグ端末の自動起動の検討
田口 誠濱住啓之伊藤泰宏渋谷一彦NHKEMCJ2006-120
抄録 (和) 緊急警報放送とは、これに対応した受信機を自動的に起動し、地震や津波などの災害情報をお知らせする放送システムである。この仕組みは、地上デジタル放送におけるワンセグサービスにも備わっている。緊急警報放送によってワンセグの受信端末を自動的に起動するためには、TMCC(Transmission and Multiplexing Configuration Control)信号に含まれる緊急警報放送用起動フラグを常時監視する必要があるため、そのための回路の付加によるワンセグ端末のバッテリの消耗を低減することが課題となっていた。今回、従来からOFDM信号の復調に使用されている高速フーリエ変換を使わずに、緊急警報放送用起動フラグが含まれるTMCC信号を簡易な回路で復調およびダイバーシティ合成することで良好な受信特性が得られることを確認した。また、ワンセグのチューナ部を起動フラグの受信タイミングに合わせて間欠的に動作させることで消費電力を低減できる見通しを得た。 
(英) The Emergency Warning System (EWS) is a broadcasting system which automatically activates receivers that are ready to receive such activation flag for alert broadcasting, and informs viewers and listeners of the alert information about disasters such as earthquakes or tsunami and so on. The EWS has also been operated in One-Seg service of digital terrestrial broadcasting. To realize automatic activation of One-Seg receivers with EWS, the potable One-Seg receiver needs always to watch the activation flag for alert broadcasting involved in TMCC (Transmission and Multiplexing Configuration Control) carrier. It causes a problem in a lifetime of the battery for portable One-Seg receivers. Therefore, we have studied the switching way for One-Seg tuner by synchronized timing with the activation flag, and obtained the prospect that power consumption can be decreased.
キーワード (和) 緊急警報放送 / ワンセグ / TMCC / ダイバーシティ / 緊急警報放送用起動フラグ / / /  
(英) Emergency Warning System / One-Seg / TMCC / diversity / activation flag for alert broadcasting / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 579, EMCJ2006-120, pp. 29-32, 2007年3月.
資料番号 EMCJ2006-120 
発行日 2007-03-02 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2006-120

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2007-03-09 - 2007-03-09 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 放送EMC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2007-03-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 緊急警報放送によるワンセグ端末の自動起動の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of Automatic Activation of Portable One-Seg Receivers with Emergency Warning Broadcasting in One-Seg Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 緊急警報放送 / Emergency Warning System  
キーワード(2)(和/英) ワンセグ / One-Seg  
キーワード(3)(和/英) TMCC / TMCC  
キーワード(4)(和/英) ダイバーシティ / diversity  
キーワード(5)(和/英) 緊急警報放送用起動フラグ / activation flag for alert broadcasting  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 誠 / Makoto Taguchi / タグチ マコト
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱住 啓之 / Hiroyuki Hamazumi / ハマズミ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 泰宏 / Yasuhiro Ito / イトウ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渋谷 一彦 / Kazuhiko Shibuya / シブヤ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-09 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2006-120 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.579 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMCJ-2007-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会