お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-08 11:30
アドホックネットワークにおける中継ノードのトラフィック量を考慮した負荷分散方式
増田修士萩谷展之松尾太一後藤康宏阪田史郎千葉大IN2006-190
抄録 (和) アドホックネットワークにおけるルーティングにおいては,通信経路の確立後に経路上の中継端末にかかる負荷のことは考えられていない.本稿では経路を構成している中継端末を動的に切り替えることで,初めに経路に選ばれた端末に負荷が集中してしまうことを避け,その中継端末の周りに存在する端末に負荷を分散させる方式を提案する.提案方式は,AODVで用いられている定期的にブロードキャストされる制御メッセージを利用し,切り替えのために必要な情報をそのメッセージに付加することで動的な切り替えを可能とする.また,シミュレーション評価によって提案方式の有効性を示す. 
(英) In an ad hoc network, the traffic load imposed on relay terminals on the route after the route establishment causes one of serious problems. This article proposes a new method which avoids the load concentration to relay terminals on the route chosen in the beginning by dynamically switching the relay terminals. The traffic load is distributed to neighbor terminals of the relay terminal. The proposed method enables a dynamic switch of relay terminals by adding information to the broadcast control message used with a constant interval in AODV. The effectiveness of the proposal method is shown by the simulation evaluation.
キーワード (和) アドホックネットワーク / ルーティング / AODV / 位置情報 / 負荷分散 / / /  
(英) Ad Hoc Network / Routing / AODV / Location Information / Load-balancing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 578, IN2006-190, pp. 61-66, 2007年3月.
資料番号 IN2006-190 
発行日 2007-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2006-190

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2007-03-08 - 2007-03-09 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2007-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける中継ノードのトラフィック量を考慮した負荷分散方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Load-balancing Method Considering the Traffic of Relay Nodes in Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad Hoc Network  
キーワード(2)(和/英) ルーティング / Routing  
キーワード(3)(和/英) AODV / AODV  
キーワード(4)(和/英) 位置情報 / Location Information  
キーワード(5)(和/英) 負荷分散 / Load-balancing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 修士 / Shuji Masuda / マスダ シュウジ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩谷 展之 / Nobuyuki Hagiya / ハギヤ ノブユキ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 太一 / Taichi Matsuo / マツオ タイチ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 康宏 / Yasuhiro Goto / ゴトウ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-08 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2006-190 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.578 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2007-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会