電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-08 11:20
OFDMA/TDD方式におけるパイロットベースCQI通知用送信電力制御法
原 嘉孝大島一能三菱電機RCS2006-261
抄録 (和) 本稿ではOFDMA/TDD方式においてパイロットベースCQI通知を行う際に必要となるCQI通知用パイロット信号の送信電力制御法を提案する.提案法では,端末から送信されるCQI通知用パイロット信号が基地局において干渉雑音電力より高くなるよう送信電力を調整する.端末は下りリンクパイロット信号を用いて開ループ制御により送信電力を決定する.性能評価では,送信電力の更新周期をパイロット信号の送信周期より長くしても大きな性能劣化は発生しないことを示す.その結果,端末あたり1.5シンボルという極めて少ない無線リソースでCQI通知が可能となることを示す. 
(英) This paper proposes transmit power control for pilot-based CQI reporting in OFDMA/TDD systems. In the proposed method, the terminal controls transmit power of CQI pilot signals, so that the base station (BS) can receive the pilot signals with higher power than interference-plus-noise power. In process of transmit power control, the terminal determines appropriate power level by open-loop control using downlink common pilot signals. We also show that uplink radio resources for CQI reporting can be effectively reduced by extending period to update transmit power than period to send CQI pilot signals.
キーワード (和) 無線通信 / OFDMA / TDD / 送信電力制御 / SINR / CQI / /  
(英) Wireless communications / OFDMA / TDD / Transmit power control / SINR / Channel quality indication / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 555, RCS2006-261, pp. 107-110, 2007年3月.
資料番号 RCS2006-261 
発行日 2007-02-28 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2006-261

研究会情報
研究会 RCS MoNA WBS SR MW  
開催期間 2007-03-07 - 2007-03-09 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2007-03-RCS-MoMuC-WBS-SR-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDMA/TDD方式におけるパイロットベースCQI通知用送信電力制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmit Power Control for Pilot-based CQI Reporting in OFDMA/TDD Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線通信 / Wireless communications  
キーワード(2)(和/英) OFDMA / OFDMA  
キーワード(3)(和/英) TDD / TDD  
キーワード(4)(和/英) 送信電力制御 / Transmit power control  
キーワード(5)(和/英) SINR / SINR  
キーワード(6)(和/英) CQI / Channel quality indication  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 嘉孝 / Yoshitaka Hara / ハラ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 一能 / Kazuyoshi Oshima / オオシマ カズヨシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機欧州研究所 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Information Technology Centre Europe B.V. (略称: Mitsubishi Electric ITE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-08 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2006-261 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.555 
ページ範囲 pp.107-110 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2007-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会