お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-08 08:20
JMLを用いたホームネットワークシステムにおける連携サービスの安全性検証に関する提案
閻 奔中村匡秀奈良先端大)・リディ ドゥ ブスケヨセフ・フーリエ大)・松本健一奈良先端大NS2006-159
抄録 (和) 家電機器やセンサを家庭内ネットワークに接続し,様々なサービスを提供可能にするホームネットワークシステム(HNS)の研究・開発が盛んである. HNS連携サービスの開発・提供にあたっては,そのサービスがユーザや家財に対して安全であることを保証しなくてはならない.しかしながら、連携サービスの開発・実装においては,従来家電を単体で使用する場合と比べ,より慎重かつ綿密な安全対策が必要となる.ソフトウェアのバグやロジック誤りが,深刻な事故や被害を引き起こす可能性がある.本稿では,JML(Java Modeling Language)を用いて、HNSにおける3種類の安全性性質を検証する方法を提案する.さらに、実際の連携サービスの通用実験を行う. 
(英) The recent ubiquitous technologies allow home electric appliances and sensors to be connected with local area network at home. While when we develop such HNS (Home Network System) integrated services and provide them to the users, we must assure that the integrated services are safe for the users, the appliances and the environments. In the normal operations of these appliances are very different from the operations of the HNS, so the development and the implementation of the HNS integrated service need more careful and exact safety measures for the safe operations of the appliances.
There is a possibility that the bug and the logic mistake of software cause an accident and serious
damage. In order to solute this problem, we present a framework to verify the safety of integrated
service of HNS by using the DBC (Design by Contract) and JML (Java Modeling Language)
キーワード (和) ホームネットワーク / 連携サービス / 安全性性質 / モデル / JML / JUnit / 契約による設計 / テストケース  
(英) Home Network System / Integrated services / Safety / Model / JML / JUnit / Design by Contract / Test Case  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 577, NS2006-159, pp. 7-12, 2007年3月.
資料番号 NS2006-159 
発行日 2007-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2006-159

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2007-03-08 - 2007-03-09 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2007-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) JMLを用いたホームネットワークシステムにおける連携サービスの安全性検証に関する提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Describing and Verifying Safety in Integrated Services of Home Network System by JML 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホームネットワーク / Home Network System  
キーワード(2)(和/英) 連携サービス / Integrated services  
キーワード(3)(和/英) 安全性性質 / Safety  
キーワード(4)(和/英) モデル / Model  
キーワード(5)(和/英) JML / JML  
キーワード(6)(和/英) JUnit / JUnit  
キーワード(7)(和/英) 契約による設計 / Design by Contract  
キーワード(8)(和/英) テストケース / Test Case  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 閻 奔 / Ben Yan / エン ホン
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) リディ ドゥ ブスケ / Lydie du Bousquet / リディ ドゥ ブスケ
第3著者 所属(和/英) ヨセフ・フーリエ大学 (略称: ヨセフ・フーリエ大)
LSR Laboratory, IMAG, Joseph Fourier University (Grenoble I), France (略称: Joseph Fourier Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 健一 / Ken-ichi Matsumoto / マツモト ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-08 08:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2006-159 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.577 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2007-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会