お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-08 11:00
[招待講演]コグニティブ無線を用いたメッシュネットワークの自律制御
竹内和則杉山敬三金子尚史野一色裕人井戸上 彰KDDI研WBS2006-55 SR2006-83
抄録 (和) コグニティブ無線は,周波数の有効利用の点でさまざまなアプローチで研究が進められており,その定義はいまだ一般化されていないが,将来の無線通信を支える重要な研究テーマとして注目を集めている.本稿ではコグニティブ無線の実現にむけマルチトランスミッションを利用した電波の利用効率向上に注目し,周囲の無線環境を考慮して利用する無線方式・周波数チャネルをパケット単位で切り替えるコグニティブ無線システムに関し干渉軽減の見地から報告を行う.本稿ではマルチトランスミッション技法によるコグニティブ無線とその実現方法および無線局間での無線環境情報交換などコグニティブ無線特有の機能に関して述べる.さらに本コグニティブ無線を用いることで性能の向上が期待できるメッシュネットワークに対して適用する場合に、コグニティブ無線の特性を活かしたトポロジ制御の手法について検討する。最後に干渉抑圧の視点を含め課題を整理する。 
(英) A Cognitive Radio has been paid attention from the viewpoint of its high efficiency radio resource management. Although the term definition of “Cognitive Radio” is under discussion, this theme is regarded as one of most important research field to develop the future radio technology. We deploy a packet bases multi-transmission method to realize the cognitive radio. The key functions of the multi-transmission method are summarized and the fundamental design of the radio station is also shown in the viewpoint of interference suppression. Due to its strong mechanism to suppress the inter-system interference, the cognitive radio is a candidate to improve the performance of the mesh networking radio link. A topology control method to ease the packet flow from the concentration into very small potion in the mesh is discussed. Finally, remained works to bring the technology into the market are summarized.
キーワード (和) コグニティブ無線 / メッシュネットワーク / トポロジ制御 / マルチトランスミッション / / / /  
(英) Cognitive Radio / Mesh networking / Network topology configulation / multi-transmission / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 557, SR2006-83, pp. 17-24, 2007年3月.
資料番号 SR2006-83 
発行日 2007-03-01 (WBS, SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2006-55 SR2006-83

研究会情報
研究会 RCS MoNA WBS SR MW  
開催期間 2007-03-07 - 2007-03-09 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2007-03-RCS-MoMuC-WBS-SR-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コグニティブ無線を用いたメッシュネットワークの自律制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) メッシュネットワーク / Mesh networking  
キーワード(3)(和/英) トポロジ制御 / Network topology configulation  
キーワード(4)(和/英) マルチトランスミッション / multi-transmission  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 和則 / Kazunori Takeuchi /
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
x (略称: x)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 敬三 / Keizo Sugiyama /
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
x (略称: x)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 尚史 / Shoji Kaneko /
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
x (略称: x)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野一色 裕人 / Yujin Noishiki /
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
x (略称: x)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井戸上 彰 / Akira Idoue /
第5著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
x (略称: x)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-08 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-WBS2006-55,IEICE-SR2006-83 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.554(WBS), no.557(SR) 
ページ範囲 pp.17-24 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-WBS-2007-03-01,IEICE-SR-2007-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会