電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-08 11:00
マルチユーザMIMOシステムにおけるEXIT基準スケジューリング・レート制御方式に関する検討
小畑晴香衣斐信介三瓶政一阪大RCS2006-260
抄録 (和) 本稿では,マルチユーザMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)システムの上り回線において,EXIT(EXtrinsic Information Transfer)解析に基いてスケジューリングと伝送レート制御を行う適応伝送方式を提案する.提案方式では,時々刻々と変化するMIMO 伝搬路状況に応じて,システム全体のスループットを最大化するという判断基準の下,伝搬路行列のみを用いてEXIT 軌跡を推定することで,ユーザ及び各ユーザの送信ストリーム数をスケジューリングするとともに,伝送レートを決定する.さらに,計算機シミュレーションにより提案方式の有効性を明らかにする. 
(英) This paper proposes a scheduling and adaptive rate control scheme for multi-user multiple-input multiple-output(MIMO) systems, of which aim is to maximize system throughput. With the aid of the knowledge about extrinsic information transfer (EXIT) characteristics, which can be predicted only from channel transfer functions, the base station (BS) determines users to be simultaneously transmitted, the number of streams for each user and their corresponding code rates. Computer simulations confirm that the achievable average system throughput can be significantly improved with the proposed schemes.
キーワード (和) EXIT解析 / 適応伝送制御 / マルチユーザMIMO / ターボ等化 / スケジューリング / / /  
(英) extrinsic information transfer analysis / adaptive transmission control / multi-user multiple-input multiple-output / Turbo equalization / scheduling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 555, RCS2006-260, pp. 103-106, 2007年3月.
資料番号 RCS2006-260 
発行日 2007-02-28 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2006-260

研究会情報
研究会 RCS MoNA WBS SR MW  
開催期間 2007-03-07 - 2007-03-09 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2007-03-RCS-MoMuC-WBS-SR-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチユーザMIMOシステムにおけるEXIT基準スケジューリング・レート制御方式に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on an EXIT Chart-Aided Scheduling and Rate Control Technique for Multi-User MIMO Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) EXIT解析 / extrinsic information transfer analysis  
キーワード(2)(和/英) 適応伝送制御 / adaptive transmission control  
キーワード(3)(和/英) マルチユーザMIMO / multi-user multiple-input multiple-output  
キーワード(4)(和/英) ターボ等化 / Turbo equalization  
キーワード(5)(和/英) スケジューリング / scheduling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 晴香 / Haruka Obata / オバタ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-08 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2006-260 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.555 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2007-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会