電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-07 16:00
Cognitive Wireless Cloud(8) ~ 適応的MACに関する検討 ~
藍 洲石津健太郎黒田正博NICTSR2006-80
抄録 (和) 近年、IEEE802.11とIEEE802.16の機能を統合したチップセットの開発が多数報告されるようになった。これは、将来の移動端末や基地局に搭載されることになるであろう。IEEE802.15や光無線のようなインターフェイスまでもが同様に統合されていくであろうことを考慮すれば、周波数の利用効率を向上させるためには、コグニティブ無線の機能が物理層の設計にまで関わってくると考える。本稿では、MACの観点からコグニティブ無線を実現することを考える。そして、IEEE802.11とIEEE802.16を一つのデバイスに統合するためのアダプティブなMACのスキームの可能性を検討し、トポロジ制御、MAC協調、干渉緩和などのように、必要となる機能の提案を行う。 
(英) Recently, there have been many announcements of joint IEEE 802.11 /IEEE 802.16 radio chip which will be embedded into future mobile handset and base station. Because it is highly possible that additional air interfaces such as IEEE 802.15 or optical wireless could be integrated as well, there is a trend that cognitive radio (CR) functions will be involved in physical layer (PHY) design for efficient spectrum reuse. Noticing existing PHY-based CR approach may require complicated sensing technology or sophisticated network assistance, in this paper, we consider to realize CR from media access control (MAC) point of view as an alternative approach. We investigate the feasibility of an adaptive MAC scheme to accommodate IEEE 802.11 and IEEE 802.16 into one device and propose necessary functions for this purpose, such as topology control, MAC coordination and interference mitigation in the adaptive MAC scheme design.
キーワード (和) MAC / IEEE 802.16 / IEEE 802.11 / コグニティブ無線 / / / /  
(英) MAC / IEEE 802.16 / IEEE 802.11 / Cognitive Radio / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 556, SR2006-80, pp. 95-99, 2007年3月.
資料番号 SR2006-80 
発行日 2007-02-28 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2006-80

研究会情報
研究会 RCS MoNA WBS SR MW  
開催期間 2007-03-07 - 2007-03-09 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2007-03-RCS-MoMuC-WBS-SR-MW 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Cognitive Wireless Cloud(8) 
サブタイトル(和) 適応的MACに関する検討 
タイトル(英) A study of Adaptive MAC for Cognitive Wireless Cloud 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) MAC / MAC  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.16 / IEEE 802.16  
キーワード(3)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(4)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藍 洲 / Zhou Lan / ラン シュウ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Informarion and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishizu / イシズ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Informarion and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 正博 / Masahiro Kuroda / クロダ マサhロ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Informarion and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-07 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2006-80 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.556 
ページ範囲 pp.95-99 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SR-2007-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会