お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-07 14:20
mobile WiMAX におけるMAPメッセージ伝送性能の一評価 ~ 線形補間および2-D MMSE チャネル推定による伝搬路推定の比較 ~
中山 琢戸田 健童 方偉木村 滋京セラRCS2006-246
抄録 (和) Mobile WiMAX (IEEE802.16e) は,OFDM/TDMA方式により柔軟に無線リソースを割り当て,従来システムより高い周波数利用効率およびQoSを目指している.しかしながら,この無線リソースの制御情報が,時分割されたフレーム先頭の報知チャネル―MAP部のMACメッセージによって伝送されるため,この伝送性能がシステム性能の一基準となる.本稿では,SISOリンクレベルにおけるMAPメッセージの基本伝送性能として,IEEE 802.16e規格準拠のOFDMAシンボル構成およびサブチャネライゼーションに対し,線形補間および2-D MMSEチャネル推定による伝搬路推定を適用した.シミュレーションにより,伝搬路が郊外モデル―SUI5 (rms delay=2.842 μs)のとき線形補間による伝搬路推定では,端末移動速度によらずビット誤り率が10の-5乗付近にフロアーを生じることを示す. 
(英) Mobile WiMAX (IEEE802.16e) uses OFDM/TDMA for its air interface and flexibly assigns radio resource in frequency/time domain, for high spectral efficiency and QoS. Information for controlling the radio resource allocation is transmitted on MAP in timely-multiplexed/divided broadcast channel at the beginning of each frame. Hence, the reliability of MAP messages transmission is critical for its system performance such as throughput, coverage, and mobility. This paper reports MAP messages transmission performance in SISO link-level. OFDMA symbol structure and sub-channelization are based on IEEE802.16e standard. Linear-interpolation is compared with 2-D MMSE for channel estimation using dedicated pilots. Simulation result show that linearly interpolated channel estimation provides a floor curve in vicinity of 10-5 of bit error rate, under rural propagation-channel model- SUI5 (rms delay = 2.842 μs), regardless of mobile terminal speed.
キーワード (和) WiMAX / IEEE 802.16e / MAP / PUSC / 線形補間 / MMSE / ウィナーフィルター /  
(英) WiMAX / IEEE 802.16e / MAP / PUSC / linear interpolation / MMSE / Wiener filter /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 555, RCS2006-246, pp. 45-48, 2007年3月.
資料番号 RCS2006-246 
発行日 2007-02-28 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2006-246

研究会情報
研究会 RCS MoNA WBS SR MW  
開催期間 2007-03-07 - 2007-03-09 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2007-03-RCS-MoMuC-WBS-SR-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) mobile WiMAX におけるMAPメッセージ伝送性能の一評価 
サブタイトル(和) 線形補間および2-D MMSE チャネル推定による伝搬路推定の比較 
タイトル(英)
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) WiMAX / WiMAX  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.16e / IEEE 802.16e  
キーワード(3)(和/英) MAP / MAP  
キーワード(4)(和/英) PUSC / PUSC  
キーワード(5)(和/英) 線形補間 / linear interpolation  
キーワード(6)(和/英) MMSE / MMSE  
キーワード(7)(和/英) ウィナーフィルター / Wiener filter  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 琢 / Taku Nakayama / ナカヤマ タク
第1著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 健 / Takeshi Toda / トダ タケシ
第2著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 童 方偉 / Fangwei Tong / ドウ ホウイ
第3著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 滋 / Shigeru Kimura / キムラ シゲル
第4著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-07 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2006-246 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.555 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2007-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会