お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-07 09:40
コグニティブ無線通信を適用した災害対策用基地局間無線ネットワーク設計
野原光夫樫木勘四郎KDDI)・竹内和則KDDI研)・内海義則大塚 晃三菱電機SR2006-68
抄録 (和) コグニティブ無線の一応用として災害時の無線基地局間ネットワーク構築への適用が考えられる。災害時には被災地域に緊急通信代替手段の敷設が必要となり、可搬型基地局を用いた無線ネットワークの構築が有効である。これには地理的・装置的制約を受けつつ早急な展開および運用開始以降の状況に応じたネットワークおよび設備更新が求められるが、コグニティブ無線は基地局間リンクのシステム内干渉を自動的に回避する手段として期待される。本稿では局間中継リンクを用いた可搬型基地局間ネットワークと基地局各構成、被災地での通信サービス要求につき検討し、これに応じた基地局設置およびシステム内干渉モニタ・回避制御手順について議論する。 
(英) This paper presents an inter-base station (BS) wireless network design for emergency relief, which is expected to be one of the Cognitive Radio technology-oriented applications. A temporal network deployment is required for emergency relief in case of disastrous event where the quick network introduction is essential. It is expected that with the Cognitive Radio technology the network set-up can be automated with the inter-BS interference monitoring and avoidance control suitable for the emergency relief deployment. The authors cover the network and base station configurations using inter-BS relay links, the service provisions for the emergency relief use over the inter-BS networks, and the inter-BS interference monitoring and avoidance control schemes.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 災害対策 / 無線基地局間ネットワーク / 干渉回避 / リンク設定手順 / / /  
(英) Cognitive Radio / Emergency Relief / Inter-base station wireless network / Interference monitoring and avoidance control / BS set-up procedures / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 556, SR2006-68, pp. 13-18, 2007年3月.
資料番号 SR2006-68 
発行日 2007-02-28 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2006-68

研究会情報
研究会 RCS MoNA WBS SR MW  
開催期間 2007-03-07 - 2007-03-09 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2007-03-RCS-MoMuC-WBS-SR-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コグニティブ無線通信を適用した災害対策用基地局間無線ネットワーク設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Design of Inter-Base Station Wireless Network using Cognitive Radio for Disaster Rescue 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) 災害対策 / Emergency Relief  
キーワード(3)(和/英) 無線基地局間ネットワーク / Inter-base station wireless network  
キーワード(4)(和/英) 干渉回避 / Interference monitoring and avoidance control  
キーワード(5)(和/英) リンク設定手順 / BS set-up procedures  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野原 光夫 / Mitsuo Nohara / ノハラ ミツオ
第1著者 所属(和/英) KDDI (略称: KDDI)
KDDI (略称: KDDI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫木 勘四郎 / Kanshiro Kashiki / カシキ カンシロウ
第2著者 所属(和/英) KDDI (略称: KDDI)
KDDI (略称: KDDI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 和則 / Kazunori Takeuchi / タケウチ カズノリ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 義則 / Yoshinori Utsumi / ウツミ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 晃 / Akira Otsuka / オオツカ アキラ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-07 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2006-68 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.556 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2007-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会