お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-07 09:20
非同期シングルキャリアシステムにおけるアレーアンテナを用いたマルチユーザ検出法
石原浩一鷹取泰司久保田周治NTTRCS2006-237
抄録 (和) 周波数領域等化(FDE)技術を用いたシングルキャリア(SC)伝送は,直交周波数分割多重(OFDM)と比べてほぼ同等の伝送特性を有するだけでなく,OFDM伝送で問題となる送信局のピーク対平均信号電力比(PAPR)が十分小さいため,無線システムのゾーン長の拡大が期待できる.しかしながら,各端末局(MT)からアクセスポイント(AP)へ通信する上りリンクの場合,ゾーン長が大きくなるとMT間の送信タイミングを精度良く制御することが困難となる.そのため,SCFDEを用いても,MT間の信号の到来遅延差がガードインターバル長を超えた場合,従来のマルチユーザ検出法を用いても信号分離が困難となり,伝送品質が大幅に劣化する.本稿では,任意の到来タイミングのずれでも信号分離が可能なマルチユーザ検出法を提案し,提案法を用いたときのビット誤り率(BER)特性を計算機シミュレーションにより明らかにする. 
(英) Single-carrier (SC) transmission with frequency-domain equalization (FDE) can be expect to expand the service area of wireless communication systems by taking advantage of its lower peak-to-average power ratio (PAPR) compared to when using orthogonal frequency division multiplexing (OFDM). However, in the uplink case, the transmit timing difference among the signals from multiple MTs becomes significant in a larger service area. If the difference in the arrival timing among MTs exceeds the guard interval (GI) length, it is difficult to separate the signal of each MT and the transmission quality is severely degraded. In this paper, we propose a novel multiuser detection (MUD) technique that can separate the signals regardless of the difference in the arrival timing between MTs and its achievable bit error rate (BER) performance is evaluated by computer simulation.
キーワード (和) シングルキャリア / 周波数領域等化 / マルチユーザ検出 / タイミングオフセット / アレーアンテナ / / /  
(英) Single-carrier / Frequency-domain equalization / Multiuser detection / Timing offset / Array Antenna / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 555, RCS2006-237, pp. 5-8, 2007年3月.
資料番号 RCS2006-237 
発行日 2007-02-28 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2006-237

研究会情報
研究会 RCS MoNA WBS SR MW  
開催期間 2007-03-07 - 2007-03-09 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2007-03-RCS-MoMuC-WBS-SR-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非同期シングルキャリアシステムにおけるアレーアンテナを用いたマルチユーザ検出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiuser detection using an array antenna for asynchronous single carrier systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルキャリア / Single-carrier  
キーワード(2)(和/英) 周波数領域等化 / Frequency-domain equalization  
キーワード(3)(和/英) マルチユーザ検出 / Multiuser detection  
キーワード(4)(和/英) タイミングオフセット / Timing offset  
キーワード(5)(和/英) アレーアンテナ / Array Antenna  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 浩一 / Koichi Ishihara / イシハラ コウイチ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹取 泰司 / Yasushi Takatori / タカトリ ヤスシ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 周治 / Shuji Kubota / クボタ シュウジ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-07 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2006-237 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.555 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2007-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会