電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-06 09:30
[ポスター講演]USBトークンによるPKI相互認証を用いたセキュアネットワーク上でのシングルサインオンシステムの提案と実装
梅本佳和藤野 毅立命館大
抄録 (和) インターネットやローカルLAN内において,WWW,FTP,リモートログインなど様々なサービスが提供されているが,それらは個別にアクセス権の認証を行っていることが多く,ユーザ側の認証情報の管理負担が重いことが問題となっている.この問題を解決するために,一度の認証で複数のサービスを利用できるシングルサインオン(SSO)システムが使用されている.しかしながら,従来提案されているSSOの方式では,初期認証時にID/パスワードによるSSOを実現している場合が多く,初期認証用ID/パスワードのクラッキングにより,すべてのサービスが利用可能になる危険性が高い.また,悪意ある第3者によって,認証情報を一元管理するサーバからアクセス権情報が盗難される危険性も存在する.そこで,本研究では,「USBトークンを用いたPKIによる相互認証」と「認証VLAN」を利用したセキュアなSSOシステムを提案する.さらに提案方式の一部を実装・評価した結果について述べる. 
(英) Various services, such as WWW, FTP, remote login, are provided in the Internet or the Intranet. The management of the authentication information such as ID/Password is difficult, because each service requires different authentication information. Single-Sign-On (SSO) system, which enables a user to authenticate once and gain multiple access ticket, is used to resolve this problem. But SSO system that proposed so far used ID/Password for first authentication. So, once ID/Password has been cracked, anyone can use all services. Furthermore, the authentication server, which has authentication information, may be attacked by the cracker. In this paper, we will propose secure SSO System which utilizes ‘PKI mutual authentication using USB token’ and ‘Authentication VLAN ’. In addition, the system implementation and evaluation of the proposed method will be studied.
キーワード (和) シングルサインオン / USBトークン / 認証VLAN / 公開鍵暗号基盤(PKI) / / / /  
(英) Single Sign-On / USB token / Authentication VLAN / Public Key INfrastructure(PKI) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 572, CS2006-120, pp. 49-54, 2007年3月.
資料番号 CS2006-120 
発行日 2007-02-27 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS CS  
開催期間 2007-03-05 - 2007-03-06 
開催地(和) 鳥取三朝温泉 ブランナールみささ 
開催地(英) Blancart Misasa (Tottori) 
テーマ(和) 通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Signal Processing for Communications, Code Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2007-03-SIP-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) USBトークンによるPKI相互認証を用いたセキュアネットワーク上でのシングルサインオンシステムの提案と実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The proposal and implementation of Single Sign On System on secure network by PKI mutual recognition using USB token 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルサインオン / Single Sign-On  
キーワード(2)(和/英) USBトークン / USB token  
キーワード(3)(和/英) 認証VLAN / Authentication VLAN  
キーワード(4)(和/英) 公開鍵暗号基盤(PKI) / Public Key INfrastructure(PKI)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅本 佳和 / Yoshikazu Umemoto / ウメモト ヨシカズ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学大学院 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤野 毅 / Takeshi Fujino /
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-06 09:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2006-103,IEICE-SIP2006-204,IEICE-CS2006-120 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.568(CAS), no.570(SIP), no.572(CS) 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2007-02-27,IEICE-SIP-2007-02-27,IEICE-CS-2007-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会