電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-06 09:30
[ポスター講演]小型組み込み機器によるセキュアなIPv6リモート制御システムの構築と検証
川野修平藤野 毅立命館大
抄録 (和) ユビキタスネットワーク環境を実現するためには,センサ,カメラ,アクチュエータ等を備えた多数の低コスト組み込み機器すなわちLCNA(Low Cost Network Appliance)を通信ネットワークに接続する必要がある.これらの多数の機器をネットワークに接続するためには,現状のIPv4ではアドレス空間に限界があるため,IPv6を使用することが望ましい.ただし,IPv6によって直接インターネットに接続するためには,十分なセキュリティ対策も必要となる.セキュリティ対策を実現するために必要な暗号化処理は,LCNA等で使用されている処理能力の低いプロセッサにとっては負荷が重い.そこでLCNA側にはIPv6通信の最小機能だけを実装し,インターネットへの接続はセキュリティゲートウェイ(SGW)を経由させるネットワーク構成を構築した.SGWには小型組み込みLinux機器を用いることで,暗号化処理およびIPv6パケットのIPv4パケットへのカプセル化機能を実現した.本システムの構築及び,動作検証実験をおこなったので報告する. 
(英) LCNA(Low Cost Network Appliance) with sensors, cameras, and actuators must be connected with networks in order to realize ubiquitous network. IPv6 address should be used for this purpose, because the IPv4 has insufficient address space. Global addresses can be allotted to these equipments by using IPv6, however, the network security countermeasures must be taken into account. The load of the encryption processing is heavy for the low-performance microprocessor which is used in LCNA. So we constructed IPv6 remote control system, in which IPv6 LCNA is connected to the Internet via security gateway. This gateway is operated on the embedded Linux appliance which supports encryption communication and the encapsulation of IPv6 packet to IPv4 packet. Experimental results using these appliances will be reported in this paper.
キーワード (和) セキュリティゲートウェイ / リモート制御 / 組み込み機器 / / / / /  
(英) IPv6 / security gateway / remote control / embedded devices / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 572, CS2006-119, pp. 43-48, 2007年3月.
資料番号 CS2006-119 
発行日 2007-02-27 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS CS  
開催期間 2007-03-05 - 2007-03-06 
開催地(和) 鳥取三朝温泉 ブランナールみささ 
開催地(英) Blancart Misasa (Tottori) 
テーマ(和) 通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Signal Processing for Communications, Code Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2007-03-SIP-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小型組み込み機器によるセキュアなIPv6リモート制御システムの構築と検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction and Verification of Secure IPv6 Remote Control System with Small Embedded Devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セキュリティゲートウェイ / IPv6  
キーワード(2)(和/英) リモート制御 / security gateway  
キーワード(3)(和/英) 組み込み機器 / remote control  
キーワード(4)(和/英) / embedded devices  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川野 修平 / Syuhei Kawano / カワノ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤野 毅 / Takeshi Fujino / フジノ タケシ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-06 09:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2006-102,IEICE-SIP2006-203,IEICE-CS2006-119 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.568(CAS), no.570(SIP), no.572(CS) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2007-02-27,IEICE-SIP-2007-02-27,IEICE-CS-2007-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会