電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-05 10:25
直交性を用いたブロック変調方式の推定方法
武田壮平岡 育生阿多信吾阪市大
抄録 (和) 多次元空間の回転を用い,その回転平面と回転角の系列によって決定する変調パラメータを変更することにより,柔軟な変調方式の設計を可能とする方式として一般化直交変調方式がある.
しかしながら,この方式では変調方式を変更するたびに変調パラメータを受信側に伝送する必要がある.
本稿では,一般化直交変調方式を利用した通信において,受信側で付加情報なしに変調方式を推定する方法を提案する.
提案方法を用いればQPSK,直交CDMA,OFDM などの識別が可能となる.
また,シミュレーションによって提案手法のガウス雑音通信路上での性能を評価し,その有用性を示す. 
(英) General orthogonal modulations produce new flexible modulations by changing modulation parameters which are rotation plane and rotation angle of multidimensional space.
The modulation parameters should be transmitted to reciever at the change of modulations.
In this paper, we propose a method that we estimate a modulation without side information on the modulation employed.
We evaluate the proposed method by simulations in AWGN channel and show the availability of the proposed method.
キーワード (和) 一般化直交変調方式 / 多次元空間の回転 / / / / / /  
(英) General Orthogonal Modualtions / Multidimensional Rotation / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 571, CS2006-97, pp. 19-22, 2007年3月.
資料番号 CS2006-97 
発行日 2007-02-26 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS CS  
開催期間 2007-03-05 - 2007-03-06 
開催地(和) 鳥取三朝温泉 ブランナールみささ 
開催地(英) Blancart Misasa (Tottori) 
テーマ(和) 通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Signal Processing for Communications, Code Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2007-03-SIP-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直交性を用いたブロック変調方式の推定方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of Block Modulation Using Orthogonality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 一般化直交変調方式 / General Orthogonal Modualtions  
キーワード(2)(和/英) 多次元空間の回転 / Multidimensional Rotation  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 壮平 / Sohei Takeda / タケダ ソウヘイ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 育生 / Ikuo Oka / オカ イクオ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿多 信吾 / Shingo Ata / アタ シンゴ
第3著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-05 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2006-80,IEICE-SIP2006-181,IEICE-CS2006-97 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.567(CAS), no.569(SIP), no.571(CS) 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2007-02-26,IEICE-SIP-2007-02-26,IEICE-CS-2007-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会