電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-05 13:20
カオスにおけるダイナミカルノイズの特異値分解法を用いた解析
等々力 賢長谷川秀一東大
抄録 (和) 一般に実現象を対象とする場合は様々な要因により生じたノイズの影響は不可避である。特に、カオス的な現象では、初期値依存性によるノイズの影響を十分に把握する必要がある。本研究ではこれまで、システムに本質的であるダイナミカルノイズに着目し、特異値分解(SVD)で得られた特異値(SV)の時間的なゆらぎを利用した、ダイナミカルノイズのシステムへの影響を評価する手法を提案している。
そこで、今回は、本手法に関して、データ長や埋め込みの影響、さらに特異ベクトルの利用可能性等、SVDを利用した今後の発展可能性についての知見を得ることを目的とする。 
(英) In this study, we numerically investigate the influence of dynamical noise on chaos data, and show one possible methodology to qualitatively extract the influence of dynamical noise on chaotic systems. In this analysis, the Singular Value Decomposition (SVD) method is used as an estimator of the influence of dynamical noise by detecting the fluctuation of singular values.
In this presentation, more beneficial knowledge of the method are discussed, regarding the influence of the number of data and embedding. and the possibility to use singular vectors, and so on.
キーワード (和) カオス / ダイナミカルノイズ / 観測ノイズ / 特異値分解法 / ゆらぎ / Chuaの電子回路 / /  
(英) Chaos / Dynamical noise / Measurement noise / SVD method / Fluctuation / Chua's electronic circuit / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 573, NLP2006-144, pp. 13-18, 2007年3月.
資料番号 NLP2006-144 
発行日 2007-02-26 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2007-03-05 - 2007-03-06 
開催地(和) 東北大学片平さくらホール 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2007-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオスにおけるダイナミカルノイズの特異値分解法を用いた解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of the Influence of Dynamical Noise on Chaos using Singular Value Decomposition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス / Chaos  
キーワード(2)(和/英) ダイナミカルノイズ / Dynamical noise  
キーワード(3)(和/英) 観測ノイズ / Measurement noise  
キーワード(4)(和/英) 特異値分解法 / SVD method  
キーワード(5)(和/英) ゆらぎ / Fluctuation  
キーワード(6)(和/英) Chuaの電子回路 / Chua's electronic circuit  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 等々力 賢 / Masaru Todoriki / トドリキ マサル
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 秀一 / Shuichi Hasegawa / ハセガワ シュウイチ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-05 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2006-144 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.573 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2007-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会