電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-05 15:10
配線長を考慮した半順序制約付きシーケンスペアによるモジュール配置の評価と考察
矢野勇生金子峰雄北陸先端大
抄録 (和) モジュール配置問題において,シーケンスペアと呼ばれる配置表現のコードに基づき,焼きなまし法(SA)にて解空間を探索する手法が提案されている.SAの性質上,十分に計算時間をかけることで良質な解を得ることができるが,回路規模が大きくなるにつれ,シーケンスペアの解空間サイズがモジュール数に対し指数的に増加し,実行時間が増大してしまうことが問題となっている.
これに対して,与えられたインスタンスから二次配線長最小配置(これをモデル配置とする)を求めてそこでのモジュール間相対位置関係を利用し,シーケンスペア中のモジュール出現順に制約を課すことで,探索する解空間を縮小する効率化手法が提案された.
本稿ではこの方式に基づいて種々の配置実験を行い,
(1)モデル配置のモジュール間重なり除去の効果,
(2)制約付与率と解の質,
(3)通常のシーケンスペアとの比較
等について評価検証を行った. 
(英) In the module placement problem, the code representation of a placement called sequence-pair, and simulated annealing search of the solution space
defined by the sequence-pair have been proposed. Due to the properties of sequence-pair and SA search, the computation time increases rapidly as the circuit size becomes large.

As an approach to this problem, a solution space reduction using a model placement has been proposed. The model placement is obtained, for example,
by computing a placement which minimizes total quadratic wire length. The solution space reduction is then achieved by transforming relative positions between modules in the model placement into constraints on sequence-pairs.

In this paper, we conduct experiments of placement optimization based on the method mentioned above. This paper reports experimental results and discussions in the following issues:
(1) The effect of removing overlaps between modules in the model placement,
(2) the effect of the minimum distance between modules for which we extract relative position and transform it to a constraint on sequence-pair, and
(3) comparison with normal sequence-pair.
キーワード (和) シーケンスペア / simulated annealing / 力学的手法 / 半順序 / 解空間縮小 / 重なり除去 / /  
(英) Sequence-pair / simulated annealing / force-directed method / partial order / solution space reduction / overlap removal / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 567, CAS2006-88, pp. 63-68, 2007年3月.
資料番号 CAS2006-88 
発行日 2007-02-26 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP CAS CS  
開催期間 2007-03-05 - 2007-03-06 
開催地(和) 鳥取三朝温泉 ブランナールみささ 
開催地(英) Blancart Misasa (Tottori) 
テーマ(和) 通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Signal Processing for Communications, Code Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2007-03-SIP-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 配線長を考慮した半順序制約付きシーケンスペアによるモジュール配置の評価と考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation and Discussion on Module Placement using Wire Length Aware Partially Ordered Sequence-Pair 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シーケンスペア / Sequence-pair  
キーワード(2)(和/英) simulated annealing / simulated annealing  
キーワード(3)(和/英) 力学的手法 / force-directed method  
キーワード(4)(和/英) 半順序 / partial order  
キーワード(5)(和/英) 解空間縮小 / solution space reduction  
キーワード(6)(和/英) 重なり除去 / overlap removal  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 勇生 / Yuuki Yano / ヤノ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 峰雄 / Mineo Kaneko /
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-05 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2006-88,IEICE-SIP2006-189,IEICE-CS2006-105 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.567(CAS), no.569(SIP), no.571(CS) 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2007-02-26,IEICE-SIP-2007-02-26,IEICE-CS-2007-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会