電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-03-05 16:25
劣化画像のみを用いたモルフォロジフィルタの最適設計
藤木 敦・○棟安実治関西大)・浅野 晃広島大CAS2006-91 SIP2006-192 CS2006-108
抄録 (和) テクスチャ画像の雑音除去に対して,モルフォロジ演算の一つであるopeningを用いる際,最適な多値構造要素を推定するために,テクスチャを「互いに似通った図形が多数配置されている」画像と見なし,その図形を推定することで構造要素を求める手法が提案されている.この手法では,劣化テクスチャ画像と同種の非劣化テクスチャ画像を用いて構造要素を推定していた.しかし,非劣化画像が得られない場合を想定し,構造要素を劣化画像だけから推定すると,雑音に影響され好ましい結果が得られない.そこで構造要素を,制約条件を変えながら繰り返し推定することで,劣化画像だけから最適な構造要素を推定できるように改良した手法を提案する.ここでは提案手法をさらに,closingにも拡張している. 
(英) For noise reduction in texture images by the opening operation which is one of morphology operations, the optimization technique for estimating the structure element by some texture model called “PGPC model” has been proposed. In this model, we consider the texture images to be composed of an arrangement of similar small objects. The similar texture image and its corrupted one is used for estimation of the structure elements in this technique. However, in real application, the estimation of the structure element from the corrupted image is desirable. In this paper, we propose the technique to estimate the optimal structure elements from corrupted images. This technique consists of the simulated annealing with changing of several constraints. The proposed technique provides almost same structures as given by the supervised training. The proposed method is also extended to the optimal design of closing filters.
キーワード (和) 雑音除去 / モルフォロジ / 構造要素 / opening / closing / 劣化画像 / /  
(英) noise reduction / morphology / structuring element / opening / closing / corrupted image / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 569, SIP2006-192, pp. 81-86, 2007年3月.
資料番号 SIP2006-192 
発行日 2007-02-26 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2006-91 SIP2006-192 CS2006-108

研究会情報
研究会 SIP CAS CS  
開催期間 2007-03-05 - 2007-03-06 
開催地(和) 鳥取三朝温泉 ブランナールみささ 
開催地(英) Blancart Misasa (Tottori) 
テーマ(和) 通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Signal Processing for Communications, Code Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2007-03-SIP-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 劣化画像のみを用いたモルフォロジフィルタの最適設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Optimal Design for Morphological Filters with Deteriorate Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 雑音除去 / noise reduction  
キーワード(2)(和/英) モルフォロジ / morphology  
キーワード(3)(和/英) 構造要素 / structuring element  
キーワード(4)(和/英) opening / opening  
キーワード(5)(和/英) closing / closing  
キーワード(6)(和/英) 劣化画像 / corrupted image  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤木 敦 / Atsushi Fujiki / フジキ アツシ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai Univeristy (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai Univeristy (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 晃 / Akira Asano / アサノ アキラ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima Univeristy (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-03-05 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2006-91,IEICE-SIP2006-192,IEICE-CS2006-108 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.567(CAS), no.569(SIP), no.571(CS) 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2007-02-26,IEICE-SIP-2007-02-26,IEICE-CS-2007-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会