お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-02-23 13:50
パルス状微弱散乱波を用いた航空目標の標定に関する基礎的検討
浅田順之北川真也村上良行防衛庁SANE2006-136
抄録 (和) 航空目標等の位置標定にはレーダが用いられるが,レーダは電波を送信し,目標からの反射波の伝播時間および到来方向を計測することにより目標の位置標定を行っている。電波の送信を伴うレーダの設置および運用は,周辺の無線局との電波干渉防止策を講じる必要があり,電波法等の制約を受ける。本発表で提案する方法は,自ら電波を送信することなく,既存の電波を利用することにより受信装置のみで,目標の位置標定をする方法であるため上述のような制約は受けない。提案する方法は,送信局からの直接波と目標からの散乱波の到達時刻差および目標からの散乱波の到来方向から目標の位置を標定する方法である。本発表では受信局と同期信号等を共有しない送信局が送信するパルス波を利用し,航空目標を実験的に標定した結果を示し,提案する方法の妥当性に関する基礎的検討を行った。 
(英) Radars are usually used to detect aerial targets, but they sometimes need the provisions for interferences. We propose a new method to detect aerial targets without transmission. In our method, radio waves transmitted by another station are used to detect targets. We measure differences in received time between the direct arrival wave and the target's scattered wave, also measure DOA(Direction of Arrival) of the target's scattered wave. In this report, we show experimental results on target detection using pulsed radio wave.
キーワード (和) レーダ / 散乱波 / 位置標定 / / / / /  
(英) Radar / Scattered wave / Target detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 542, SANE2006-136, pp. 13-18, 2007年2月.
資料番号 SANE2006-136 
発行日 2007-02-16 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2006-136

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2007-02-23 - 2007-02-23 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダ信号処理及び一般 
テーマ(英) Radar and its applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2007-02-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パルス状微弱散乱波を用いた航空目標の標定に関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Fundamental Study of Detection Method of Aerial Targets Using Feeble Scattered Wave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レーダ / Radar  
キーワード(2)(和/英) 散乱波 / Scattered wave  
キーワード(3)(和/英) 位置標定 / Target detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅田 順之 / Junji Asada / アサダ ジュンジ
第1著者 所属(和/英) 防衛庁 (略称: 防衛庁)
Japan Defence Agency (略称: JDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 真也 / Shinya Kitagawa / キタガワ シンヤ
第2著者 所属(和/英) 防衛庁 (略称: 防衛庁)
Japan Defence Agency (略称: JDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 良行 / Yoshiyuki Murakami / ムラカミ ヨシユキ
第3著者 所属(和/英) 防衛庁 (略称: 防衛庁)
Japan Defence Agency (略称: JDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-02-23 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2006-136 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.542 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2007-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会