お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-02-23 16:30
Nバックスキャンを用いたMHTによる目標追尾性能評価
小幡 康系 正義三菱電機SANE2006-142
抄録 (和) 近接複数目標の追尾,高クラッタ環境下向けの目標追尾方式ではMHT(Multiple Hypothesis Tracking)が高い相関性能を示すため良く知られている.通常MHTでは信頼度の上位数仮説のみを維持するが,この仮説選択方法としてNスキャン分の相関仮説を全て維持してその信頼度からNスキャンより前の相関を一意に決定するNバックスキャンを適用すると,演算負荷はかかるものの正解仮説を維持できる確率がより高まる.なおこのNバックスキャンによるMHTは次世代の追尾方式として注目されているMFA(Multiple Frame Assignment)の近似となる.本稿ではMFAの方式検討の前段階として,NバックスキャンMHTと従来MHTの追尾性能をシミュレーションにより比較評価した.クラッタ環境下の直進目標追尾開始および低S/N環境下での旋回目標追尾維持を例として評価した結果,NバックスキャンMHTが従来MHTを上回り,例えば旋回目標の追尾維持では成功率で30ポイント以上の差となった. 
(英) MHT(Multiple Hypothesis Tracking) is well-known tracking algorithm for its association performance in dense environment. In MHT hypotheses are reduced by calculating probability and select upper hypotheses in a usual way. Regardless of computational load, better association performance can be expected by using N-back scan, maintaining all hypotheses in N-scan and select one hypothesis in past over N-scan, for hypotheses reduction. The N-back scan MHT is similar to MFA(Multiple Frame Assignment), which attracts much attention as an advanced method. We evaluate the performance of the N-back scan MHT, by simulation of track initiation in clutter environment and track maintenance of low observable target. From the result of simulation, we can predict that MFA shows better performance than MHT. For example, former success rate of tracking a maneuvering target, is 30 points better than latter.
キーワード (和) MHT / MFA / 相関決定 / Nバックスキャン / / / /  
(英) MHT / MFA / Association / N-back Scan / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 542, SANE2006-142, pp. 49-54, 2007年2月.
資料番号 SANE2006-142 
発行日 2007-02-16 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2006-142

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2007-02-23 - 2007-02-23 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダ信号処理及び一般 
テーマ(英) Radar and its applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2007-02-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Nバックスキャンを用いたMHTによる目標追尾性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Tracking Performance Evaluation of N-back Scan MHT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MHT / MHT  
キーワード(2)(和/英) MFA / MFA  
キーワード(3)(和/英) 相関決定 / Association  
キーワード(4)(和/英) Nバックスキャン / N-back Scan  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小幡 康 / Yasushi Obata / オバタ ヤスシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 系 正義 / Masayoshi Ito / イト マサヨシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-02-23 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2006-142 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.542 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2007-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会