お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-02-22 15:50
サッカー映像におけるグループ戦術解析のための一考察
今 宏史長谷山美紀北大
抄録 (和) 本稿では,サッカー映像において,戦術上関連がある選手のグループに対して解析を行うことで,
チームが優勢な度合(以降,グループ優勢度)を算出する手法を提案する.
提案手法ではまず,選手をグループに分類する.
そして,各グループにおいて,選手間が有する戦術的な関係を選手の位置関係に基づいて
推定する.
選手の関係がわかれば,各選手の戦術上の役割や状況などがわかる.
このことから,グループ内の選手の関係を評価することでどちらのチームが戦術上優位な状況
にいる選手が多いのかを推定できる.
したがって,提案手法では選手の関係に基づいてグループ優勢度を算出する.
提案手法によってグループ優勢度を算出し,可視化することで,視聴者の試合内容の理解を
補助することや,戦術的な観点からのインデキシングの実現が期待できる. 
(英) This paper presents a method for group tactics analysis in soccer videos.
For this analysis, the proposed method classifies players into some groups.
As a result of this classification, the players in one group are
closely related in terms of soccer tactics.
In the proposed method, the relations between the players in the groups
are analyzed by using player positions.
Based on these relations, the proposed method estimates group advantage, which
represents the degree of team's superiority or inferiority in each group.
The group advantage helps viewers to understand game situations.
キーワード (和) サッカー映像 / グループ戦術 / 戦術解析 / 意味解析 / / / /  
(英) soccer videos / group tactics / tactics analysis / semantic analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 534(ITS), 536(IE), ITS2006-64, IE2006-249, pp. 121-124, 2007年2月.
資料番号  
発行日 2007-02-15 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITE-ME ITS IE ITE-HI ITE-AIT  
開催期間 2007-02-22 - 2007-02-23 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ITS画像処理, 映像メディア、一般 
テーマ(英) Image Processings, Video Media for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-ME 
会議コード 2007-02-ITE-ME-ITS-IE-ITE-HI-ITE-CG 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サッカー映像におけるグループ戦術解析のための一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Group Tactics Analysis in Soccer Videos 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サッカー映像 / soccer videos  
キーワード(2)(和/英) グループ戦術 / group tactics  
キーワード(3)(和/英) 戦術解析 / tactics analysis  
キーワード(4)(和/英) 意味解析 / semantic analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今 宏史 / Hirofumi Kon / コン ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷山 美紀 / Miki Haseyama / ハセヤマ ミキ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-02-22 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITE-ME 
資料番号 IEICE-ITS2006-64,IEICE-IE2006-249 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.534(ITS), no.536(IE) 
ページ範囲 pp.121-124 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ITS-2007-02-15,IEICE-IE-2007-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会