お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-02-22 15:10
MPEG-2 TS over IPにおける低遅延伝送揺らぎ対策
馬場昌之三菱電機
抄録 (和) 近年,MPEG-2 TSを用いたIPTVが盛んに行われつつある.しかしながら,MPEG-2システム規格で記述されるクロック再生方法ではIP伝送時の揺らぎ対応できない.
本稿では、数百ms程度の伝送揺らぎのあるIP網でMPEG-2 TSが伝送された場合に対応可能な低遅延揺らぎ対策を述べる.本提案方式は,最小伝送遅延の受信データのみを使用し,その時に伝送揺らぎ分のデータを受信バッファへ蓄積することで,必要以上のデータを蓄積しない低遅延の伝送揺らぎ対策を実現する.さらに,最小伝送遅延時に最大となる受信バッファ残量により再生クロックを調整することで,安定したクロック再生を実現する. 
(英) IPTV using MPEG-2 TS has been put into practice in recent years. But the clock recovery method described in MPEG-2 Systems is not designed for IP networks with large delay jitter. In this report, we propose a new method to achieve low-delay and stable clock recovery even in large-jitter networks. We minimize buffering time for jitter reduction by utilizing only the clock reference information with the lowest transmission delay. We also improve stability of clock recovery using the maximum occupancy of the reciever buffer.
キーワード (和) MPEG-2 SYSTEM CLOCK / クロック再生 / 揺らぎ補正 / MPEG over IP / IPTV / / /  
(英) MPEG-2 system clock / clock recovery / jitter reduction / MPEG over IP / IPTV / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 536, IE2006-248, pp. 115-120, 2007年2月.
資料番号 IE2006-248 
発行日 2007-02-15 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITE-ME ITS IE ITE-HI ITE-AIT  
開催期間 2007-02-22 - 2007-02-23 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ITS画像処理, 映像メディア、一般 
テーマ(英) Image Processings, Video Media for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2007-02-ITE-ME-ITS-IE-ITE-HI-ITE-CG 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MPEG-2 TS over IPにおける低遅延伝送揺らぎ対策 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low-delay Mesures against Network Jitter for MPEG-2 TS over IP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MPEG-2 SYSTEM CLOCK / MPEG-2 system clock  
キーワード(2)(和/英) クロック再生 / clock recovery  
キーワード(3)(和/英) 揺らぎ補正 / jitter reduction  
キーワード(4)(和/英) MPEG over IP / MPEG over IP  
キーワード(5)(和/英) IPTV / IPTV  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 昌之 / Masayuki Baba / ババ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-02-22 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2006-63,IEICE-IE2006-248 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.534(ITS), no.536(IE) 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2007-02-15,IEICE-IE-2007-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会