電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-30 16:05
中継ノードの予約状況を考慮した低遅延バースト転送方式における帯域浪費量の改善
吉留天則後藤信夫豊橋技科大エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2006-160 LQE2006-149
抄録 (和) 我々は、OBSネットワークにおけるトラフィック負荷増加時のバースト転送遅延の急増を抑制することを目的とした低遅延バースト転送方式を提案した。その提案方式では、コントロールパケットが中継ノードの予約テーブルを全て参照することで、従来のDynamic Two-way (DTW)方式がシグナリング中に見逃していたバースト転送可能時間帯を有効に利用することができるため、より効果的にバースト転送遅延を抑制することができる。しかし提案方式では、実際のバースト転送には用いない無駄な仮予約時間帯による帯域浪費量の増加という問題がある。本稿ではこの帯域浪費量について吟味し、帯域浪費量を削減するための改良案として、帯域浪費継続時間に注目したEarly Release (ER)方式および帯域浪費サイズに注目したLimited Reference (LR)方式を提案する。シミュレーションによりバースト転送遅延および帯域浪費量を計算した結果、トラフィック負荷が低い場合には、従来のOne-way方式におけるバーストの再送による帯域浪費量よりも、提案方式における無駄な仮予約による帯域浪費量の方が大きくなることが分かった。しかしながら、ER方式とLR方式を併用することで、高い遅延抑制効果を維持したまま帯域浪費量を効果的に削減できることを明らかにした。 
(英) We have proposed a low-delay burst transmission scheme whose purpose is to restrain burst-transmission delay under heavy traffic loads in OBS networks. The proposed scheme can use available time periods for the burst transmission which are thrown away in conventional dynamic two-way (DTW) scheme because the control packet searches the whole reservation table at each transit node in the proposed scheme. Thus, the proposed scheme effectively suppresses the growth of the burst-transmission delay in comparison with conventional schemes. However, in the proposed scheme, we have to consider a different problem which is increase of band-loss caused by the tentative reservation. In this paper, we investigate the band-loss and propose two improved schemes so as to reduce the amount of band-loss. One of them is early release (ER) scheme which can reduce the duration time of band-loss. Another is limited reference (LR) scheme which can reduce the size of band-loss. From the result of simulation, it was found that the amount of band-loss caused by the tentative reservation in the proposed scheme becomes larger than that caused by the frequency of burst retransmission in conventional one-way scheme under light traffic loads. However, it was also confirmed that the combination of ER and LR scheme can effectively reduce the amount of band-loss while maintaining high restrictive effect of burst-transmission delay.
キーワード (和) OBSネットワーク / Dynamic Two-way方式 / 仮予約 / 帯域浪費量 / / / /  
(英) OBS network / dynamic two-way scheme / tentative reservation / amount of band-loss / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, 2007年1月.
資料番号  
発行日 2007-01-22 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN  
開催期間 2007-01-29 - 2007-01-30 
開催地(和) 阪大コンベンションセンター 
開催地(英) Osaka Univ. Convention Center 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶・ファイバとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、一般 
テーマ(英) Photonic integrated circuits and devices, swtiching, PLC, fiber devices, waveguide analysis, and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2007-01-OPE-EMT-LQE-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 中継ノードの予約状況を考慮した低遅延バースト転送方式における帯域浪費量の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Band-Loss in Low-Delay Burst Transmission Scheme Confirming Availability at Transit Nodes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OBSネットワーク / OBS network  
キーワード(2)(和/英) Dynamic Two-way方式 / dynamic two-way scheme  
キーワード(3)(和/英) 仮予約 / tentative reservation  
キーワード(4)(和/英) 帯域浪費量 / amount of band-loss  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉留 天則 / Hironori Yoshidome / ヨシドメ ヒロノリ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 信夫 / Nobuo Goto / ゴトウ ノブオ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-30 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-PN2006-78,IEICE-OPE2006-160,IEICE-LQE2006-149 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.513(PN), no.514(OPE), no.515(LQE) 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2007-01-22,IEICE-OPE-2007-01-22,IEICE-LQE-2007-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会