お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-30 11:20
語頭条件を満たさないWord-valued sourceに対するLZ78符号の符号化性能について
石田 崇松嶋敏泰平澤茂一早大
抄録 (和) 本研究では,語頭条件を満たさないWord-valued sourceに対するLZ78符号の圧縮性能について数値実験を行った結果について報告を行う.
従来,語頭条件を満たすWord-valued sourceについてはエントロピー・レートが導出されLZ符号の圧縮性能に関する議論がなされてきた.一方,語頭条件を満たさない場合はエントロピー・レートの存在も未だ明らかではなく,上界,下界が導出されているにとどまっている.
そこで,この情報源に対して実際にLZ78符号化を行って符号化性能の漸近的なふるまいを検証し,そこから情報源がもつ性質について考察する. 
(英) A word-valued source (WVS) is a new class of information source models.
It is defined as a source which has a probability distribution over a word set.
When the word set is prefix-free, it has been shown that there exists entropy rate of the source with simple expression and the AEP holds.
Furthermore, there are theoretical arguments about universal code for the source.
However, when the word set is not prefix-free, it has been shown only the upper bound and lower bound on the entropy rate of the source.
In this paper, we investigate the property of the non-prefix-free WVS comparing the redundancy of the LZ78 code for various sources by numerical experiments.
キーワード (和) 言語アルファベット情報源 / エントロピー・レート / 語頭条件 / LZ符号 / / / /  
(英) word-valued source / entoropy rate / prefix-free / LZ code / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 516, IT2006-52, pp. 13-18, 2007年1月.
資料番号 IT2006-52 
発行日 2007-01-23 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2007-01-30 - 2007-01-30 
開催地(和) 大阪電気通信大学(寝屋川キャンパス) 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2007-01-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 語頭条件を満たさないWord-valued sourceに対するLZ78符号の符号化性能について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A performance of LZ78 code for Non-prefix-free Word-valued source 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語アルファベット情報源 / word-valued source  
キーワード(2)(和/英) エントロピー・レート / entoropy rate  
キーワード(3)(和/英) 語頭条件 / prefix-free  
キーワード(4)(和/英) LZ符号 / LZ code  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 崇 / Takashi Ishida / イシダ タカシ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 敏泰 / Toshiyasu Matsushima / マツシマ トシヤス
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平澤 茂一 / Shigeichi Hirasawa /
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-30 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2006-52 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.516 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2007-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会