お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-26 09:25
選択的sFlowによるVoIPトラフィックのゆらぎ測定方法の提案
小林淳史NTT)・斎藤元之NTT-AT)・石橋圭介外山勝保NTTCQ2006-87
抄録 (和) 本研究では、音声品質劣化の要因となりうるVoIPトラフィックのゆらぎに着目し、実際のネットワークでの特性をもとに、VoIPトラフィックのゆらぎ測定方法を検討し、商用ルータをもとにした測定手法について評価を行っている.本測定方法では、sFlowなどのフロー統計機能を利用し、RTPパケットの到着間隔の分散値を推定することで、VoIPトラフィックのゆらぎの測定を行うことを提案している.また、RTPパケットの到着間隔の分散値と実際の音声品質との関連性についても評価をおこない、その有効性について検証しているので報告する. 
(英) We have studied the delay and fluctuation of VoIP traffic in a real network and focused on traffic fluctuation that can be measured at one observation point. To measure the VoIP traffic fluctuation easily, this paper propose measurement of VoIP traffic variance of the interval of the target RTP packets. This variance can be measured by using commercial router and switch. We evaluated the effectiveness of this method using selective sFlow, which has been implemented in a commercial router with 10Gbps IF. And also, this paper presents relationship between the variance of the interval of RTP packets and Voice Quality, such as PESQ score.
キーワード (和) VoIP / PESQ / sFlow / NetFlow / RTP / / /  
(英) VoIP / PESQ / sFlow / NetFlow / RTP / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 495, CQ2006-87, pp. 47-52, 2007年1月.
資料番号 CQ2006-87 
発行日 2007-01-18 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2006-87

研究会情報
研究会 CQ MVE  
開催期間 2007-01-25 - 2007-01-26 
開催地(和) アジア太平洋インポートマート 
開催地(英) Asia-pacific Import Mart 
テーマ(和) 触覚、五感メディアの品質、一般 
テーマ(英) Haptic Media and Multimodal Quality, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2007-01-CQ-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 選択的sFlowによるVoIPトラフィックのゆらぎ測定方法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Method of Measuring VoIP Traffic Fluctuation with Selective sFlow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(2)(和/英) PESQ / PESQ  
キーワード(3)(和/英) sFlow / sFlow  
キーワード(4)(和/英) NetFlow / NetFlow  
キーワード(5)(和/英) RTP / RTP  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 淳史 / Atsushi Kobayashi / コバヤシ アツシ
第1著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 元之 / Motoyuki Saitou / サイトウ モトユキ
第2著者 所属(和/英) NTTアドバンステクノロジ株式会社 (略称: NTT-AT)
NTT Advanced Technology Corporation (略称: NTT-AT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 圭介 / Keisuke Ishibashi / イシバシ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 外山 勝保 / Katsuyasu Toyama / トヤマ カツヤス
第4著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-26 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2006-87 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.495 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2007-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会