お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-26 08:45
RLSアルゴリズムを適用した適応イメージバンド干渉補償法
林 大祐京大)・古野辰男NTTドコモ)・田野 哲京大SIP2006-158 RCS2006-216
抄録 (和) 複数の無線システムを一つの受信機で扱う技術として,マルチモード受信機の
研究が行われている.ヘテロダイン受信機では,マルチモード・マルチバンド
化するためにRFフィルタを除去すると,イメージバンド干渉が発生し,伝送特
性を劣化させる.そのため,従来この干渉を抑圧する方法が提案されてきたが,
収束特性に問題があった.
この問題を解決するために,筆者らはこれまで,所望信号およびイメージバン
ド信号のベースバンド成分をNLMSを用いて重みづけ加算することで,従来よりも
高速な収束特性を持ち,フェージング環境下でも適用可能な干渉補償法を提案
してきたが,復調ビット誤り率特性が理論値よりも劣化してしまうことが明ら
かになった.
そこで本報告では,提案した補償法をRLSアルゴリズムを用いて構成することで,
復調ビット誤り率特性の劣化なく収束特性を向上させることができることを示
す. 
(英) Multimode receivers is investigated to use number of wireless systems
with one receiver. When we construct multimode receivers using
heterodyne reception, the imageband interference arises and
deteriorates transmission characteristics significantly because of
removal of radio frequency filter. Therefore, cancellation methods have
been heretofore proposed, but they have problems that convergence
properties are not good.
To solve this problem, we proposed a cancellation method with good
convergence characteristics, in which we calculate the weighting
addition of baseband signals of the desired signal and the imageband
signals. We can apply this method in rayleigh fading channels, but we
found that the bit-error rate characteristics will deteriorate.
Then, in this report, I describe that we can realize a cancellation
method which has good convergence properties without deterioration of
the bit-error rate characteristics with using the RLS algorithm.
キーワード (和) ヘテロダイン / マルチモード受信機 / イメージバンド干渉 / 線形合成器 / / / /  
(英) Heterodyne / Multimode Receiver / Image-band Interference / Linear Combiner / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 480, RCS2006-216, pp. 1-6, 2007年1月.
資料番号 RCS2006-216 
発行日 2007-01-19 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2006-158 RCS2006-216

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2007-01-24 - 2007-01-26 
開催地(和) NICT沖縄亜熱帯計測技術センター 
開催地(英) NICT Okinawa 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線信号処理,無線通信,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2007-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RLSアルゴリズムを適用した適応イメージバンド干渉補償法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Scheme for Adaptive Image-band Interference Cancellation with RLS Algorithm in Heterodyne Multimode Receivers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘテロダイン / Heterodyne  
キーワード(2)(和/英) マルチモード受信機 / Multimode Receiver  
キーワード(3)(和/英) イメージバンド干渉 / Image-band Interference  
キーワード(4)(和/英) 線形合成器 / Linear Combiner  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 大祐 / Daisuke Hayashi / ハヤシ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古野 辰男 / Tatsuo Furuno / フルノ タツオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo (略称: NTT DoCoMo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-26 08:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2006-158,IEICE-RCS2006-216 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.477(SIP), no.480(RCS) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2007-01-19,IEICE-RCS-2007-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会