お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-26 09:00
呼受付制御を行うVoIP網におけるRED型バッファ制御法導入効果の検討
森下祐一山本尚生武蔵工大CQ2006-86
抄録 (和) 近年,高速アクセス回線の普及を背景とし,VoIP(Voice over IP)の利用が拡大している.しかし,キャリア規模の電話サービスの提供には安定性,公平性,柔軟性,管理性など総合的に高い性能が要求され,ベストエフォート型のIPネットワークでは十分に達成されているとは言えない.VoIP技術による音声会話型サービスを公衆サービスとして一定水準以上の品質を維持しつつ安定的に提供するためには“呼(セッション)”ごとの制御が必要であるとされている.本稿では,従来TCPトラフィックを考慮して検討されているRED(Random Early Detection)型バッファ制御を,UDPトラフィックの流れるVoIP網に導入することにより,遅延変動の抑制効果,パケット損失平準化効果,品質資源の効率的消費効果がVoIP呼の品質に与える影響,及び呼受付制御との関係について検討を行う. 
(英) The user of VoIP rapidly increases with the spreading of high speed networks in recent years. However, stability, fairness, flexibility, and manageability are highly required to the network if it is assumed to develop the VoIP networks as universal telephone service networks. IP network of best effort has not yet satisfied those requirements enough. It is necessary to control of each call (session) for providing the stable audio conversation service as public service by the VoIP technology. RED based queuing technologies have been proposed in consideration of improving TCP traffic fairness so far. This paper discusses effects of introducing RED based queuing technologies to VoIP network based on UDP and also relation to the Call Admission Control.
キーワード (和) VoIP / QoS / RED / 公平性 / QSCC / CAC / /  
(英) VoIP / QoS / RED / Fairness / QSCC / CAC / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 495, CQ2006-86, pp. 41-46, 2007年1月.
資料番号 CQ2006-86 
発行日 2007-01-18 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2006-86

研究会情報
研究会 CQ MVE  
開催期間 2007-01-25 - 2007-01-26 
開催地(和) アジア太平洋インポートマート 
開催地(英) Asia-pacific Import Mart 
テーマ(和) 触覚、五感メディアの品質、一般 
テーマ(英) Haptic Media and Multimodal Quality, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2007-01-CQ-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 呼受付制御を行うVoIP網におけるRED型バッファ制御法導入効果の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of RED based queuing control on VoIP networks with call admission control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(2)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(3)(和/英) RED / RED  
キーワード(4)(和/英) 公平性 / Fairness  
キーワード(5)(和/英) QSCC / QSCC  
キーワード(6)(和/英) CAC / CAC  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森下 祐一 / Yuichi Morishita / モリシタ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 尚生 / Hisao Yamamoto / ヤマモト ヒサオ
第2著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-26 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2006-86 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.495 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2007-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会